マイホームの頭金を貯金し始める前に、まず考えなければならないことがあります。なぜなら、今ある貯金で本当に欲しいマイホームが買えるかもしれないからです。「頭金は購入価格の2割程貯金しましょう。」なんてアドバイスを受けたことはありますか?最初、これは気にしなくても大丈夫です。

頭金を貯める頭金を貯める本来の目的は、問題なく住宅ローンの返済をできるようにするため。毎月の支払いを少なくするためなんです。まずは、以下の手順で現在の貯金でマイホームが購入できるか確認して下さい。

1.買いたい土地や建物、マンションの金額を知る

まず初めに、買いたい土地や建物もしくはマンションの金額を知ることが必要です。それほど時間はかからずに土地とマンションの価格は、インターネット上で調べることができます。土地については、住みたいと思う地域の土地の相場がどれぐらいか、その周辺で欲しい広さの土地を買うにはいくら必要なのかを計算してみてください。不動産情報誌や、その地域の不動産屋さんに聞いてもいいですね。

次は、欲しい建物の金額です。展示場もしくは、住宅メーカーに自分たちが建てたい建物にはいくらかかるのか見積を立ててもらうと楽が出来ます。この2つを調べることで、自分たちが住みたいマンションもしくは場所に欲しいマイホームを建てた場合、いくらぐらいの金額になるのかということがわかります。

2.諸費用の金額を計算する

次は、諸費用の金額を計算していきましょう。マイホームを建てたりマンションの購入は、その価格以外に諸費用として様々なお金がかかります。しかも、その諸費用は数十万円という額ではなく高額です。

買いたい土地や建物もしくはマンションの10%程度が相場だとお考え下さい。住宅ローンの手数料や、登記手続き、メーカーさんや不動産屋さんにはらう仲介手数料も入っています。

例えば考えているマイホームの金額が3,000万円の場合、諸費用は3,000万円×10%=300万円といった具合です。

3.住宅ローンの借入額・返済額を計算する

今度は実際に、住宅ローンで借りる金額と返済額を計算をしていきましょう。

借入額の把握

土地と建物もしくはマンションの諸費用の金額が計算できたら、そこから借りるべき金額を計算します。土地と建物もしくはマンションの金額(以降、物件金額とします)と諸費用を合計し、ここから頭金の金額を引きます。計算式は以下のようになります。

【物件金額】+【諸費用】−【頭金】=【借入金額】

例えば、先ほど計算した物件金額3,000万円と諸費用300万円を合わせた金額が3,300万円。頭金がまだ100万円しか貯金がないと仮定をすると、そこから100万円を引いた3,200万円が借入金額となります。【3,000万】+【300万円】−【100万円】=【3,200万円】ですね。

返済額の把握

今度は住宅ローンを組んだ場合、返済額がいくらになるかは、銀行等のホームページ上で簡単に求められます。金利タイプ等が決まっていなければ、フラット35等の全期間固定金利で計算してみるとよいでしょう。

例えば、3,300万円をフラット35で借りた場合の返済額は98,952円です。(SBI銀行フラット35、金利1.37%、35年返済、元利均等返済)

実際の返済額はこれに1万円をプラスした108,952円と考えておいた方が良いですね。物件によって違いますが住宅購入後は固定資産税がかかってきます。

4.住宅ローンの返済額に無理がないかキャッシュ・フローを考えて判断する

ゴールは間近です。計算した返済額が問題なく払っていけるかどうか考えてみてください。先ほどの例であれば、月々の返済は約11万円ですね。ここで注意すべき点は、将来的にも払っていけるかということです。

これから子供をが誕生した際でも問題ないかとか、ご両親の介護の必要が出てきそうとか。将来について考えるべきことは沢山ありますよね。将来的にもライフプランを考えて確認をするには、キャッシュフロー表を作ることが有効です。収入と支出の予想の推移やお子さんの教育費や車の購入等を考え、住宅ローンを払い続けられるかを数字で見て確認できます。

今の家賃より少し位高いけど大丈夫だろうとか、という曖昧な計算は将来の生活に関わってきます。よくよく注意して下さい。もし、マンションギャラリーや住宅展示場等でそのように言われたとしたならば、買い手のことを考えない担当者ということです。

憧れのマイホームが買いたいあなたに

マイホーム購入の夢は少しでも近づいたでしょうか。

これからのライフプランとキャッシュ・フローが予想できれば、貯金が全くなくてもマイホーム購入は無理ではありません。住宅ローンも銀行によって、頭金がなくとも借りることができます。

貯金とはいくらあってもよいものですが、住宅購入時に全て使ってしまうと何かおこったときに何も出来なくなってしまう可能性がありますので、現在考えている頭金が貯金全額であるとするならば一度踏みとどまってよく考えるべきです。

マイホームを購入した後に幸せな家庭を守っていくことが最終目的です。無理なく、早く購入出来るように計画を立てていきましょう。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP