最近増えている年の差婚。実は年の差婚夫婦は、もらえる年金が多くなることを知っていましたか?なぜ年の差婚夫婦がもらえる年金が増えるのかご紹介します。

年の差婚は年金が多くもらえる?

 通常、65歳から年金の受け取りが始まります。年の差婚の夫婦の場合、夫の方が年上であれば夫が先に年金の受け取りが開始されます。そのとき、配偶者や子どもがいる場合、通常の年金に加えて「加給年金」というプラスアルファの年金が受け取れます。

 この加給年金は、配偶者の方が65歳になるまで受け取り続けれるため、年の差婚夫婦の場合、この加給年金が受け取れる期間が長くなります。加給年金は、配偶者・子どもそれぞれに対して受け取ることができ、それぞれ加算される金額が違います。

【加給年金額】
配偶者 / 年間222,400円(毎月約18,700円)
子ども(1人目・2人目) / 各年間222,400円(毎月約18,700円)
子ども(3人目以降) / 年間74,100円(毎月6,175円)

 つまり、奥様と2人の子どもがいた場合、通常の年金に加えて年間667,200円(毎月55,600円)が上乗せしてもらえます。

加給年金をもらうための条件

 では、この加給年金をもらうための条件を見てみましょう。

【加給年金をもらうための条件】
・世帯の前年の年収が850万円未満
・世帯の前年の所得が655万5,000円未満
・夫の厚生年金の加入期間が20年以上あること
・傷害年金を受給していないこと

この条件を満たしている間は夫の年金に加えて加給年金を受け取ることができます。

まとめ

 もらえる年金が多くなる年の差婚夫婦について見てきました。

・夫が65歳の年金開始のときに配偶者の方が65歳に満たない場合、加給年金という上乗せ年金が受け取れる
・加給年金は、配偶者の方が65歳になるまでの間受け取ることができる
・配偶者、子どもそれぞれに対して加給年金の加算を受けることができる
・加給年金をもらうためには条件がある

 年の差婚夫婦の方は、このような上乗せ年金も含めて定年後に受け取れる年金額を知っていただき、ゆとりある生活をおくるために足りないお金をご自身で準備するようにしましょう。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP