結婚まではお仕事をされていても、結婚のタイミングで専業主婦になられる方もいると思います。

その際、健康保険や年金はどうなってしまうのでしょうか?ご主人が会社員や公務員の場合、自営業の場合のそれぞれの場合についてご紹介します。

会社員や公務員の家庭の場合

会社員や公務員の家庭は、一定の条件を満たせば、健康保険の被扶養者として社会保険に入ることができます。この場合、被扶養者である奥さんは健康保険の保険料を支払う必要はありません。

また、厚生年金についても、ご主人の被扶養者となることで、国民年金の第3号被保険者となり、国民年金が支払われていくため、定年後に国民年金をもらうことができます。ただし、奥さんは厚生年金は支払われていかないため、定年後にもらえる厚生年金は、専業主婦になる前の、ご自身で給料から天引きされていた分のみとなります。

自営業の家庭の場合

自営業の家庭は、ご主人は健康保険と年金のすべてを自分自身で支払っています。国民健康保険、国民年金に加入しており、これらは家族の扶養という考えがなく、国民健康保険、国民年金に加入する方は全員、保険料を支払わなければいけません。

そのため専業主婦の方も、国民健康保険、国民年金に加入し、ご主人と同様に保険料を支払うことになります。

まとめ

専業主婦になったときの健康保険と年金について見てきました。

・会社員や公務員家庭の専業主婦の場合は、ご主人の扶養となることで、健康保険、厚生年金に加入することができ、保険料の負担はない、ただし、奥さんが定年後に受け取れる年金は国民年金分のみとなる

・自営業の家庭の専業主婦の場合は、国民健康保険、国民年金に加入することになるため、加入する場合はご主人に関係なく、保険料を負担する必要がある

健康保険、年金の制度だけで見ますと、会社員や公務員の方の方が制度が手厚く感じられますが、健康保険、年金以外の面において自営業の方が受けられる恩恵もありますので、ご参考までに見ていただければと思います。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
専業主婦 健康保険 トップへ