海外で急な病気にかかってしまい治療を受けるととても高額な医療費がかかってしまいますよね。

国民健康保険や健康保険に加入をしていれば、このような場合でも日本での医療費を基準にして医療費の返還をしてくれます。

海外旅行に行って急に病気になってしまって治療を受けた方やこれから海外旅行に行こうと考えている考えている方は必見です。

海外療養費とはどのようなものか?

海外療養費制度は、海外渡航中に急な病気でやむを得ず現地で治療を受けた場合、帰国後加入する健康保険組合などに申請をすることで、海外で支払った医療費の一部の払い戻しを受けることが出来る制度です。

どれぐらい戻ってくるの?

支給される金額は、日本国内で同じ治療を受けた場合にかかる治療費を基準に計算した額から、自己負担額(3割)を差し引いた額が支給されます。(ケース1)

ただし、実際に海外で支払った額の方が日本国内での治療費よりも低いときは、海外で支払った額から自己負担額を差し引いた額が支給されます。(ケース2)

海外療養費の払い戻し例
項目ケース1ケース2
海外での治療費12万円6万円
日本での算定額10万円10万円
日本での自己負担額3万円1万8千円
支給される海外療養費7万円4万2千円

* 海外療養費|知って役立つ!知識|お役立ち情報|一般の方へ|けんぽれん[健康保険組合連合会]

海外療養費が適用されないケース

・海外で治療費の支払いをした翌日から2年を経過している場合
・治療を目的として海外渡航し、療養を行った場合
・臓器移植、美容整形手術、人工授精などの不妊治療、性転換手術など日本国内で保険適用されていない医療行為を受けた場合

海外療養費の申請方法

詳しくは加入する健康保険組合のホームページで確認をするか、問い合わせをして確認するようにしてください。ここでは一例として、全国健康保険協会の場合の海外療養費の申請について解説をしています。

手続きに必要な書類(全国健康保険協会の場合)
医科の場合歯科の場合
療養費支給申請書療養費支給申請書
診療内容明細書歯科診療内容明細書
診療内容明細書の日本語訳歯科診療内容明細書の日本語訳
領収明細書領収明細書
領収明細書の日本語訳領収明細書の日本語訳
現地で支払った領収書の原本現地で支払った領収書の原本
渡航期間がわかるパスポート等の写し(海外渡航中の加入者が当該期間に診療等を受けた場合)渡航期間がわかるパスポート等の写し(海外渡航中の加入者が当該期間に診療等を受けた場合)

* 海外で急な病気にかかって治療を受けたとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

全国健康保険組合では、これらの書類を準備した上で、窓口で申請を行います。その後、全国健康保険組合で海外療養費の審査が行われ、審査結果が通知されるという流れになっています。

申請のポイント

申請書類は、海外で受け取った診療内容明細や領収明細の他に、これの日本語訳が必要となります。健康組合では、海外で治療を受けた場合に医師に記入をお願いする用紙を多くの場合、用意しています。海外旅行をする際には、面倒かもしれませんが、ダウンロードをし、持っていくようにするのが良いと思います。

持っていて記入をしてもらえれば、帰国後すぐに申請が出来ますが、そうでない場合は、治療を受けた病院に問い合わせをして記入をしてもらったり、翻訳者を雇って翻訳してもらったりしなければいけないので、持っていったほうが断然ラクですね。

参考リンク

MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
海外療養費制度 トップへ