現在働いている女性が産休により会社を休んでいる間の生活を保障するために支払われるのが「出産手当金」です。

出産手当金は、出産予定日前の42日間(双子以上の場合は98日間)と出産後の56日間を合算した日数のうち、会社を休んで給料をもらえなかった日数に対して支払われます。出産が予定も遅れた場合には、予定日以降の日数を加算することも出来ます。

支給される金額は、現在もらっている給料を日給に換算した標準報酬日額の3分の2となっています。産休中で会社から給料の支払われている場合でも、その給料が出産手当金の額より少ない場合は、出産手当金と給与の差額が出産手当金として支給されます。

以下では、出産手当金でよくある質問の出産手当金の計算方法と申請方法、支給されるタイミングを解説していきます。


よくある質問① 出産手当金の計算方法

上でも書いたように出産手当金の支給額は、「支給される金額は、現在もらっている給料を日給に換算した標準報酬日額の3分の2」となっています。以下の表を基に、実際ご自身がいくらぐらいもらえるかを計算してみてください。

出産手当金の計算方法と計算例
計算に必要な項目内容/計算式
月給現在もらっている給料216,000円
日給月給÷30日7,200円
支給対象期間出産予定日(42日)+予定日より遅れた日数(◯日)+出産日後(56日)98日
支給額日給×支払対象期間705,600円

* 出産で会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会


よくある質問② 出産手当金の申請方法

出産手当金の申請は、勤務先または協会けんぽ、健康保険組合、共済組合などご自身が加入中の健康保険窓口で行うことが出来ます。まずは、勤務先で申請方法を確認し、勤務先で申請が行えなければ、ご自身が加入中の健康保険組合に問い合わせをするようにして下さい。

協会けんぽ(全国健康保険協会)の場合


よくある質問③ 出産手当金の支給タイミング

出産手当金は、申請をしてから約1‐2ヶ月で指定の銀行口座に振り込まれます。ただ、人によっては3ヶ月かかったなどの話もありますので、早めの申請と産休・産後の生活費の確保は計画的に行っておく必要があります。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
出産手当金 トップへ