ウォレットの重要性



時価総額第4位の仮想通貨リップルが非常に注目を集めています。ですが管理方法を間違えればあなたのリップルは盗難や紛失される恐れがあります。

そこでリップル管理方法、おすすめのウォレット等を紹介していきたいと思います。

 

リップルとは


 
リップルとは本来、リップル社が開発した送金や決済のシステムのことを指し、通貨のリップルはXRPというのが正しいのですが、一般的にどちらもリップルと呼ばれています。

 

ウォレットとは


 
まずウォレットとは、仮想通貨を入れるためのお財布だと思ってください。銀行口座のようなものです。

ウォレットにはweb上で管理するものとUSBのようなハードウェアに記録するもの2種類があります。

 

ウェブウォレット(オンラインウォレット)


インターネット上で管理するPC用の財布

【メリット】
・取引所に口座を開設するともらえる
・ログインできればどこからでもアクセスできる

【デメリット】
・取引業者の信頼度
・ネット上にあるためハッキングの可能性
・オフラインでは使えない

【ワンポイント】
スマホアプリで取引出来る仮想通貨取引業者もあります。
また取引業者に口座を持たなくても専用のWEBウォレットを提供しいるオンラインウォレットサービスがあります。

 

ソフトウェアウォレット(デスクトップウォレット)


自分のPCやスマホにソフトをダウンロードして使う

【メリット】
・ローカル環境で管理できる(ネットと切り離せる)

【デメリット】
・自分のPCが故障したら(ウイルス・ハッキング被害)ビットコインを取り出せなくなる可能性がある
・ソフトをインストールしたPC・スマホでしか使えない

 

ハードウェアウォレット


専用の端末や紙に保管する

【メリット】
・オフラインで管理

【デメリット】
・紛失の可能性
・コストがかかる場合も

 

リップルのウォレットおすすめ


安全性と使いやすさは相反するかもしれません。高額または長期保有はハードウエアウォレットに入れて厳重管理し、小額またはトレード用には取引所のウォレットという使い分けがおすすめです。

 
リップルのウォレットはよくGateHubを紹介されることが多いのですが、海外のウォレットということもあり日本語対応がなくサポートが弱いという点と、盗難被害も報告されている点で最近ではあまりおすすめされていません。日本の取引所のウォレットかハードウォレットを利用するのが無難でしょう。

 
こちらの取引所は厳重なセキリティ(2段階認証、SNS認証)があり、さらにリップルを指値で購入することが可能です。


ウォレットの定義があいまいに


最近では(ビットコイン取引業者のセキュリティが向上したのもあり)口座を開設したらもらえる専用アドレスのことを「ウォレット」と呼ぶようになっています。口座開設によってスマホアプリを無料ダウンロードして、それをウォレットとして使う事も可能になりました。(ログインの際には二段階認証必須!)

したがって一番簡単にウォレットを作成する方法は「ビットコイン取引業者に口座を持つこと」です。ビットコイン取引業者が2017年から金融庁の登録制になり、FXや証券会社のように顧客の資産保全に関する規定が設けられました。口座開設の際は金融庁に登録済み(または登録申請中)のビットコイン取引業者を利用しましょう。

 

リップルウォレットをアプリで


 
仮想通貨取引所のコインチェックビットフライヤーではスマホのアプリを利用して、売買や送金を行うことが可能です。ですがデスクトップ版と比べて機能が制限されています。

 

ハードウォレットで管理


LedgerNanoS(レジャーナノS)であれば、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアム系トークン、リップルが1台で全て管理することができます。

 
日本語マニュアル

公式HPから購入することもできます⇨Ledger社公式サイト

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP