イーサリアムとは?

分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称です。このプラットフォーム上で用いられる通貨が「イーサー」であり、「ETH」なのです。しかし現在のところ、通貨であるETHをイーサリアムと呼ぶことが多いのも事実ですので、お好きな呼び方をして良いかと思います。

では、まずイーサリアムの概略についてまとめてみましょう。

プラットフォームの特徴としてはスマートコントラクトがあります。この機能は簡単に言うと、契約を含んだ通貨のやり取りを実行し、ブロックチェーン上に自動で保存するというものです。この機能が後で紹介するEEAやICOでイーサリアムが用いられる理由になっています。

イーサリアム(ETH)はイーサリアム・クラシック(ETC)から分岐した!?

取引所や時価総額ランキングなどで、似たような名前の通貨があるので混同されている方がいるかもしれないので、簡単に違いについてまとめたいと思います。

この二つの通貨はもともと同じものでした。それが2016年にThe DAOというイーサリアム上で行われるベンチャー投資サービスがハッキングされたことによって、約50億円分ものETHが流出してしまったことへの対応として、二つに分岐することになりました。

1つ目は今までのブロックチェーン上をそのまま利用していくという方法です。こちらは非中央集権の色合いが強く、拡張性などよりもセキュリティなどを重視します。これがイーサリアムクラシックです。

一方でハッキング後に既存のブロックチェーンから分岐し、新しくブロックサイズの変更や拡張性の充実などを図った通貨がイーサリアム(ETH)になります。こちらのが多数派であり、どちらかといえば中央集権的な色合いが強いです。

このようにして特徴の異なる二つの通貨が生まれ、残っています。

イーサリアムの二つの用途~EEAとICO~

イーサリアムはその特徴から様々な方法で用いられています。その中でも代表的な二つについて注目していきたいと思います。
EEAとはエンタープライズ・イーサリアム・アライアンスの略称のことで、イーサリアムの技術の活用に共同で取り組む企業連合のことです。

イーサリアムはICOにも用いられることが多い通貨になっています。

EEA(企業によるイーサリアムの利用法)

分野は様々で、有名どころではJ.P.Morgan、マイクロソフト、IBM、英メジャー(石油)、トヨタなどがあります。このような企業で利用されていくことで、将来的にはイーサリアムが本格的に企業活動の基盤として利用されるようになるかもしれません。

ICO(資金調達手段としての利用法)

イーサリアムのシステムはERC20という規格のトークンの発行が簡単にできるため、イーサリアム上でのICOが多くみられるのです。9月現在では中国によるICO規制によって、やや勢いは鈍ってきていますが、将来的に規制の確立された後の資金調達ツールとして大きな役割を持ちうると考えられるので、今後も要注目です。

イーサリアムの今後~メトロポリスとRaiden Network~

イーサリアムは大きく4つの開発段階があります。



フロンティア(Frontier)
ホームステッド(Homestead)
メトロポリス(Metropolis)
セレニティ(Serenity)

2番目のホームステッドは2016年の3月に完了しているので、次に行われるのは3番目のメトロポリスになります。このメトロポリスは9月下旬に予定されています。

では今回のアップデートで何が可能になるのでしょうか。

「zk-SNARK」・・・これを日本語に訳すとゼロ知識証明となります。この方法を用いると、匿名のトランザクションを形成できるため、プライバシーの保護につながります。すでに匿名性の高い通貨として知られているZcashと共同で開発した技術が用いられています。


「スマートコントラクトの簡略化」・・・これによって、今まで以上に簡単にプログラミングをすることが出来るようになり、既存のプログラマーの負担が軽減される。またコストの削減にもつながります。


「セキュリティ強化」・・・利用者自身が秘密鍵を持ったウォレットアドレスを決めることが出来るため、量子コンピュータによるハッキングに対しても強化されることになります。


「マイニング方法移行の準備」・・・現在イーサリアムではPoWというマイニング方法を採用していますが、これだとお金と電力のコストが非常に高くなってしまいます。そこでPoSと呼ばれる仕組みを導入しようとしています。PoSは個人のパソコンをつなぐだけでマイニングができる仕組みで、持っている通貨が多いほどマイニングしやすくなるというものです。この移行のために徐々にPoWのマイニングの難易度を向上させるデフィカルティ・ボムという仕組みを導入しています。そのため今後、イーサリアムのマイニングで収益を上げるのは難しくなるといえそうです。

また大きな変更として、Raiden Networkというものがあります。
イーサリアムもビットコインと同様に取引数の増大に対応しきれていない側面があったのですが、このネットワークを導入することで解決しようとしています。9月にテストネットが公開されたので、実装は近いかと思われます。このRaidenによって可能になることは

・毎秒100万以上のトランザクション
・高速認証
・高い匿名性
・今までの100万分の1の取引手数料
・マイクロペイメント

などがあります。これによって今までよりも、大量のトランザクションに対応することが出来ます。
以上のようなシステムを導入することで、今後一層イーサリアムが利用されるようになると考えられます。
その時に、その通貨であるETHも連動して上がるのではないでしょうか。
今後もETHに注目したいと思います。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
イーサリアム、特徴、展望、メリット トップへ