「ビットコインって最近よく聞くけど、実際どうなの?」「仮想通貨って儲かるの?」「本物のお金じゃないから危なそう…」

これは仮想通貨の世界に対してしばしば聞く声です。

今回は、そんな疑問に応えていきたいと思います。

ビットコインは危険なのか

まず、ビットコインのリスクとは何なのでしょう?
簡単に挙げられるものとしては、
・価格の不安定性
・詐欺や盗難
・取引所の消失
などでしょうか。

一つ一つ見てみましょう。

価格の不安定性

おそらく一番の原因は「価格の不安定性」でしょう。ビットコインは現時点では価格が安定しません。
なぜなら、ビットコインは供給量が有限であり、限界に近づくほど価値が増大し高騰を招く可能性があるからです。
他にも、分裂によって価値が下がることもあります。

詐欺や盗難

詐欺や盗難は、世間に広まり始めた今が最も横行しているように思われます。
金融庁も注意を呼びかけています。

マウントゴックス事件

仮想通貨に懐疑的な目が向けられる要因のひとつとしてマウントゴックス事件があります。
渋谷に本社を置いていたマウントゴックスという仮想通貨取引所が2014年にハッキングされ、顧客の資産が流出してしまったということで世間を騒がせました。マウントゴックス社は85万ビットコイン(当時のレートで約450億円)と現金28億円が消失したということで破綻しました。
しかしながら、重要なポイントはこの巨額の被害が仮想通貨自体の脆弱性を示唆するものではないということです。

〈資産の管理体制〉

通常はハッキングのリスクを避けるため、売買や送金のための一部を除き、資産をオフラインで管理します。にも関わらずマウントゴックスでは大部分がオンライン上にあったため、巨額の損失に繋がってしまいました。
ハッキングにより流れたコインを大量に保有していたAlexander Vinnik容疑者がマネーロンダリング容疑で逮捕されましたが、元CEOのマルク・カルプレス氏に横領の容疑がかかっていることを踏まえても、管理体制の問題が指摘されています。

ビットコインは安全!

逆にどういう点で安全なのでしょう?

まず思いつくのが、目に見えないので強盗に遭うことはありません。
しかし、マウントゴックス事件のようにハッキングのリスクはあります。

そのリスクを最小限に抑えるための手段として最適なのがブロックチェーンです。
ビットコインがここまで盛り上がってきたのも、ブロックチェーン技術の発展が一因と考えられています。

〈危険性を排除するために〉

ブロックチェーン技術を軸とした仮想通貨は今後ますます実用化されていくことが見込まれます。
重要なことは、いかに不正等のリスクを抑えていくかということです。
マウントゴックス事件を教訓として、行政がルールを整備し、2017年4月より改正資金決済法が施行されました。これにより取引所が登録制になり、財務報告も義務化されました。また、顧客資産と取引所の固有財産の分別管理も義務化、マネーロンダリング規制(防収法)により、再びこのような事件が起きないように整備がなされました。

新たな可能性に満ちているビットコインの世界にあなたも入ってみませんか?
仮想通貨の発展はまだ始まったばかりです。

MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ビットコイン,危険 トップへ