ライトコインとは~ビットコインの補完~

ライトコインとはアルトコインの一種であり、ビットコイン2.0と呼ばれる通貨です。時価総額ランキングでは常にTop10にランクインしている、人気のある通貨です。

もともと開発者であるCharlie Lee氏がビットコインを改良して出来た通貨なので、ビットコインと似た特徴を兼ね備えています。Lee氏はライトコインについて「ビットコインと競合するものではなく、金と銀のように共存するものにしたい」と述べています。

彼のTwitterは注目されていて、時折有益な情報を流しているので興味のある方はフォローをしてみてください。

ライトコインの基本情報
ライトコイン特徴
公開日2011年10月
単位LTC
システムProof of Work(PoW)
アルゴリズムScrypt
開発者チャーリー・リー
コイン発行上限84,000,000LTC
ブロック時間約2.5分

ライトコインとビットコインの3つの違い

発行通貨枚数はビットコインの4倍

ビットコインの埋蔵量が2100万枚であるのに対し、ライトコインは8400万枚となっています。そのため、市場に出回る通貨の量も多いです。よってビットコインに比べると単位通貨あたりの価格は高くないですが、多くの需要に応えられるため、日常生活での決済や送金などには使いやすいと言われています。

ビットコインよりも簡単なマイニングシステム

ビットコインのマイニングは膨大な計算を莫大な速さで並列的に演算することが求められます。そのため、ビットコインではマイニングの難易度は高く、莫大な電力と演算能力が必要でした。それに対して、ライトコインはビットコインが採用する「SHA-256」というアルゴリズムではなく「scrypt」というアルゴリズムを採用し、「SHA-256」ではできなかった普通のPCでマイニングに参入することが可能になりました。そのためビットコインのように一部の有力なマイナーが大きな影響や決定権を持つということになりづらく、より非中央集権型の仕組みが整っている通貨だと言えます。

短いブロック生成時間

ビットコインは10分間で1つのブロックを生成するのに対して、ライトコインは2.5分に一回ブロックを生成します。そのため、ライトコインを送金する際や決済に使う際はビットコインよりも素早く処理されるため、通貨として利用する上で便利です。

ライトコインを購入できる取引所は?

日本でライトコインを取り扱っている取引所、販売所は全部で5つあります。それらについて、まとめた表が以下のようになります。

取引所名取引手数料通貨数
BitTrade取引所
メイカー 0.2~0.3%
テイカー 0.2~0.7%
(通貨による)
6
Coincheck取引所/販売所
無料
13
bitFlyer販売所 無料
取引所 0.01~0.15%(金額による)
LightningFX 無料
5
bitbank取引所 無料
(1月9日10:00まで)
6

9月22日現在でライトコインの取引のうち20%以上が韓国の取引所であるBithumbで行われているため、韓国の情勢に影響を大きく受けることがあります。日本の取引所を利用していても各国の仮想通貨の情報は見ておいた方が良いかと思います。

ライトコインの将来性は?

ライトコインは8月に過去最高値を更新しました。その要因がビットコイン分裂騒動による資金の避難だとすると、ライトコインの価格には避難先としての価値が反映されていると言えます。しかしビットコインが分裂した後、ビットコインキャッシュという通貨が生まれました。この通貨に資金が避難するとなると、11月に起こるかもしれないビットコインのSegwit2xに対する資金の避難先として資金が流入することはないかもしれません。

しかし長期的に考えると、ライトコインの特徴である

・ビットコインよりも早い処理速度

・時価総額上位に位置する信用力

・早い段階でのSegwit実装などの改善力

などからライトコインは今後も信用を失うことは少ないと考えられます。むしろ今後、仮想通貨が「通貨」として決済や送金に用いられるようになると、ビットコインよりも優れた機能を持っているため、より需要が高まる通貨であると言えそうです。

MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ライトコイン,将来性,取引所 トップへ