ボリンジャーバンドとは

1980年ごろにジョン・ボリンジャー(John Bollinger〉氏によって考案された指標。2本のラインの間でチャートが動くという統計学的思考に基づき様々な利用方法が考えられます。

ボリンジャーバンドの引き方

アッパーバンド(上バンド)とロワーバンド(下バンド)を作成。Typical Price(高値、安値、終値の平均)のN日移動平均からTypical PriceのN日移動標準偏差に、係数を掛けたものを足したものがアッパーバンド、引いたものがロワーバンド。

基本的な動き

スクイーズ(収束)

2本のバンド幅が狭まり絞られた状態。値動きが小さくなるため様子を見て、その後のエクスパンションを狙うのが賢明。

エクスパンション(拡張)

2本のバンドが上下に大きく開いた状態。ラインによる分析の際のブレイクと同様。上昇トレンド時には買いのサインとなる。

バンドウォーク

バンドに沿うように上昇または下降していく状態。トレンドラインに沿った形でもあるので上昇時には買いのタイミングとなります。

しかし反転の可能性があるため注意は必要。反転のタイミングの見極めに関してはろうそく足のヒゲに注目していきましょう。

BitTrade取引所でボリンジャーバンドを引いてみよう

今回は仮想通貨取引所BitTradeのチャートを使い、ボリンジャーバンドを引いてみます。

まず、上部の「インディケータ」をクリックします。

そして「ボリンジャーバンド」を選択するだけ!

するとアッパーバンド、ロワーバンド、中央値が表示されます。

売買のタイミング

順張り

上昇時に買いを入れ、下落時に売りを入れるもの

逆張り

上昇時は下落を予想し上昇途中で空売りをし、下降時は反発を予想し下降途中で買いをいれるもの。

ボリンジャーバンドを利用すると、上記のような分析を行うことができます。トレンドラインやろうそく足チャートのポイントを踏まえつつ、取引の参考にしていきましょう。

MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP