ビットコインの相場分析はどうやればいいのか?

もちろん自分の勝手な予想で進めると損をしてしまうことも多々あります。
今回は長期に渡って仮想通貨投資を進めてもらうために、そのための便利なアプリやチャート分析の方法についての記事です。

ビットコインの相場を知りたい人におすすめのアプリ

相場のチャートはスマホで手軽に調べたいですよね。ということでiOS/Android対応のおすすめのアプリを紹介します。

1.TabTrader




世界中の取引所と仮想通貨の相場のデータを比較できます。しかも、そのまま売買も出来る有能アプリです。
問題点を挙げるならば、アプリ内の言語が全て英語であることくらいでしょうか。

2.Cryptopippi




「日本語」で各国の仮想通貨価格や取引所間の価格差が表示される機能があるので、英語が苦手な方でも安心して利用できます。

3.XE currency

ビットコインは「XBT」で検索すれば表示されます。
ドルも含めた相場の単純比較に適しています。

ビットコインのチャート分析のやり方

ビットコインの相場がいくらなのかを知るためには、チャートをきちんと読み取れることが大切です。

株やFXの経験はないけれど、ビットコインを買ってみた。そんな仮想通貨投資で初めてチャートを見るという方も多いのではないでしょうか?以下のリンクではチャートの見方を基本から順に解説した記事を紹介します。

ビットコインは円ドル相場にも影響を与える?

海外に出かけるとき、円をドルに換える人が大半だと思いますが、その時の手数料は割高なケースが多いです。しかし、ビットコインは換金するときの手数料が非常に安いです。つまり、ビットコインの普及が進んでいけば手持ちのビットコインをドルにして海外へということが増えていくかもしれません。その結果として、日本人にとってお得になる円高ということになります。

ビットコインの相場をリアルタイムで見るためには?

上記で挙げたアプリの場合、スマホでのチェックとなるのでどうしても画面が小さくPCに劣る部分も出てきます。
そこで、PCでのブラウザ対応でおすすめのサイトを紹介します。

1.CoinGecko

日本語対応で見やすいサイトと言えばCoinGeckoです。ExcelやCSV出力も出来るなど便利な機能もあります。

2.Cryptocurrency Market Capitalizations

こちらは完全に英語のみですが市場規模などを過去から遡って調べたいときに便利なサイトです。

ビットコインの相場を予想するには?

相場を予想するための特効薬は残念ながらありません。しかし、情報収集を欠かさずに行えば少しでも予想に近づくことが出来ます。ニュースやSNSやブログなどを常日頃から見ておくことをおすすめします。

ビットコインの相場変動とは?

一般的に、ビットコインの価格が急激に上昇したら、「高騰」という言葉を使いますが、逆の場合の際に「下落」や「暴落」といった言葉は使われません。ユーザーの不安を煽ってしまいかねないからであり、金融業界全体でもこういった言葉は避けられます。ビットコインは価格が上下に大きく動くこともありますので、投資は自己判断でお願いします。

ビットコインの相場推移

相場の長期的な推移を知ることは、ビットコインの歴史を知ることとほとんど同義です。
ここでは、先に挙げたCryptocurrency Market Capitalizationsをおすすめします。
なぜなら、ビットコインが生まれたときからの価格データを自分で期間を選んで見ることが出来るからです。

JPモルガンCEO、相場操縦か

JPモルガンのCEOであるダイモン氏が相場操縦と訴えられる事件がつい最近ありました。彼はわざとビットコインは詐欺であると主張したから、ということが理由のようです。




おすすめの取引所は?

ビットコインの取引をやってみようとcoincheck等の取引所に口座を開設したものの、成行注文しか行えず高いスプレッドに悩ませている方もいるでしょう。そこで、ビットコインの相場の変動や推移をリアルタイムでチェック出来、指値注文も行えるBittradeを紹介します。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ビットコイン,相場 トップへ