現在ビットコインを取り扱っている国内と海外の取引所をまとめてみました。

ビットコイン取引所一覧(国内)

①BitTrade

・良い点
指値(自分が買いたい値段)で様々な通貨を買うことができる。
スマホでも操作しやすい。
様々なチャートツールでより多くの利益が得られる。
関連会社がFX業者(FXトレードフィナンシャル)であるため安心

②bitFlyer

・良い点
取引量・資本金国内最大
アプリでビットコイン支払いなどが出来る。
クイック入金にも対応

③GMOコイン

・良い点
手数料が安い
FXアプリでかんたんに取引できる
販売所ではあるもののスプレッドは狭い

④Coincheck

・良い点
取扱通貨の種類が日本一
画面の見やすさ
ビットコイン決済事業にも注力
先物やレンディングも可能

⑤bitbank

・良い点
スマホが使いやすい
bitbank TradeでビットコインFXができる
キャンペーン中取引手数料無料

⑥Zaif

・良い点
「COMSA」、「mijin」など、ブロックチェーン技術を用いた開発も
独自のトークンである「Zaifトークン」も上場

⑦QUOINEX

・良い点
アジア地域への取引所サービス提供で流動性が高い
レバレッジ25倍取引も可能
トレードチャート機能に強み

⑧みんなのビットコイン

・良い点
レバレッジ25倍取引も可能
トレイダーズホールディングス傘下

⑨Lemuria

・良い点
セキュリティサービス「BitGo」を国内初の取引所として初めて採用

⑩BITPoint

・良い点
レバレッジ25倍取引も可能
MT4導入
リミックスポイント株式会社傘下

⑪Fisco

・良い点
運営会社はジャスダックに上場しておりマーケットリサーチなどの事業を展開
Zaifと連携

⑫Mr.exchange

・良い点
Mr. Rippleから刷新
取扱通貨も増え、他の取引所には無いマイナー通貨も上場

⑬BTCBOX

・良い点
手数料が安い
徐々に取扱通貨も増え、今後に期待できる

取扱通貨比較

取扱通貨比較
取引所名通貨数取扱通貨
BitTrade6BTC,BCC,ETH,XRP,
LTC,MONA
Coincheck13BTC,BCC,ETH,ETC,
XRP,LSK,FCT,XMR,
REP,ZEC,XEM,LTC,
DASH
bitFlyer5BTC,BCH,ETH,ETC,
LTC,MONA
bitbank6BTC,BCC,ETH,XRP,
LTC,MONA
QUONIEX2BTC,ETH
みんなのビットコイン3BTC,BCH,ETH
Mr. Exchange12BTC,BCH,ETH,ETC,
REP,LTC,XRP,DOG,
XLM,DCT,XMR,ZEC
Bitpoint2BTC,ETH
Zaif3BTC,NEM,MONA
GMOコイン4BTC,BCH,ETH,LTC
BTCBOX4BTC,BCH,ETH,LTC
フィスコ2BTC,MONA
Lemuria1BTC

*ビットコインキャッシュは表記が「BCC」,「BCH」の2通りあります。


ビットコイン取引所一覧(海外)

次に海外の取引所を紹介していきます。数が多いので、取引高の多い上位10社を一覧にしています。

海外の取引所を利用する最大のメリットは取引できる通貨の種類の多さです。中にはマイナーな通貨ばかり集めたような取引所も存在します。

ですがサポートがあまりよくないという評価もありますので、自己責任でお願いします。

1 BITTREX

約200種類の仮想通貨を扱っています。そもそも種類が多いのに加え、ICOを終えたばかりの仮想通貨が上場してくることからこのような数になっています。様々な仮想通貨を買ってみたいという方にとってとても魅力的な取引所であると言えます。
日本語は対応していません。

2 Poloniex

世界最大級の取引所であるPoloniexでは70種類以上の仮想通貨を取り扱っています。ただし、海外の取引所のため日本円で直接通貨を買うことができませんので、国内の取引所で買った仮想通貨をPoloniexに送金する必要があります。国内で取り扱う代表的な仮想通貨はもちろん、いわゆる草コインと呼ばれる通貨も多く取り扱っています。

Poloniexではレンディングを行うことができます。取り扱う通貨ペアが非常に多く、手数料も安いことから世界で最大級の取引所です。ただし、日本語は対応してないため英語が不安な方はしっかり解説サイトで確認するなどしていく必要があります。

3 Bitfinex

16種類(Bitcoin/Ethereum/Litecoin/OmiseGO/IOTA/Bcash/EOS/Monero/Ethereum Classic/NEO/Dash/Zcash/Repple/Santiment/Chain Split Tokens/Recovery Right Tokens)の仮想通貨及びトークンを取扱っています。

最近高騰したIOTAやEOSはまだ日本では上場されていないため、購入したい方はBitfinexをおすすめします。

4 Bitstamp

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインの4種類を取り扱っているイギリス最大級の取引所です。

6 Liqui

約60種類 で価格が非常に低い通貨(俗に言う草コイン)を多く取り扱っています。

7 Coin Exchange

約460種類 Liquiと同様に草コインを扱っています。種類は非常に多いです。

8 bithumb

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコイン、ダッシュ、ビットコインキャシュ、モネロ、Qtumの8種類を取り扱っている韓国最大の取引所です。日本語にも対応しています。

9 HitBTC

約20種類の通貨を取扱しています。手数量の変動に注意が必要です。

10 GDAX

日本人で利用している人はほとんどいないとは思いますが、世界の取引高の上位に入る取引所です。

海外の取引所はリスクもある

海外の取引所は、ユーザーへのサポートや保証がしっかりしていないと言われています。例えば取引所が破綻した場合、その取引所に預けていた仮想通貨は引き出すことができなくなり、泣寝入りせざるを得ません。

しかし、国内の金融庁登録された取引所であれば、企業の資金がユーザーの資産と分けて管理してあるため、前述したようなリスクはありません。

まとめ

米CMEが年内にビットコイン先物を開始すると発表したように、次々と新しい取引所やサービスが生まれています。それに伴って仮想通貨の流動性が増し価格も上昇します。

特にオルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は新しく上場が決まるだけで価格は大きく変動します。ビットコインやイーサリアムは国内の取引所で保有し、国内でまだ上場されていない草コインなどを海外の取引所で少額持っておくのも一つの楽しみ方かもしれません。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ビットコイン,取引所,一覧 トップへ