アービトラージ(裁定取引)とは

裁定取引とも呼ばれるアービトラージとは、同一価値を持つ商品の一時的な価格差を利用して利益を得る方法です。取引所間で同一商品の価格差が確認されたら、割高の方を売り、割安なほうを買う、その後価格差が縮小したときに反対売買をすることでかなり低リスクで利鞘を稼ぐことができます。

アービトラージの流れ

アービトラージの流れは以下の通りです。

日本円入金(入金手数料)

ビットコイン購入(購入手数料)

ビットコインを価格の高い取引所に送金(送金手数料)

ビットコイン売却(売却手数料)

日本円出金(出金手数料)

手数料と価格変動に注意

ビットコインでのアービトラージをする際に、手数料は必ず考慮する必要があります。

取引所によって手数料はバラバラですので、事前に安いところをリサーチすることをおすすめします。

更に、ビットコインそのものの価格変動にも注意が必要です。ビットコインは送金に約1時間程度かかります。その間にビットコインの価格が下がってしまうと、意味がなくなってしまいます。ビットコインの価格が下がっているときにはアービトラージは避けましょう。

ビットコインの価格差が2000円だったら、、、

ビットコインの価格差が2000円ほど離れることはざらにあります。その場合のアービトラージによる利益について解説します。

ビットコインの価格を90万円として、2つの取引所間で2000円の価格差があったとします。アービトラージを一回行うのに手数料が500円発生するとすると、

90万円投資して1500円の利益がでることになります。

しかし送金している最中に価格が1%下がってしまうと、7500円の損失です。

アービトラージはそんなに簡単ではないことが分かるでしょう。

まとめ

ビットコインのアービトラージは昔ほど利益が出づらくなっていることが現状のようです。また、価格差が開くのを常にチェックするのは非常に労力を使います。ちなみに価格差は相場が大きく動いたときほど広がる傾向にあります。もし気になる方は一度やってみてもいいかもしれません。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ビットコイン,価格差 トップへ