ビットコインとは

ビットコインとは仮想通貨の一つです。
正体不明のサトシ・ナカモトという人物によって作られたブロックチェーン技術を採用した最初の仮想通貨であり、仮想通貨の王様と呼ばれるほど人気がある通貨です。

ビットコインとその他の法定通貨やwebマネーとの違いは、管理者が中央集権であるか非中央集権であるかです。誰にも支配されない、最も公平性の高い通貨として、世界中どこでも使えるようになることを期待されています。

ビットコインのメリット

ビットコインは国際送金の手段として非常に優れています。円をビットコインに変えて送金し、現地でドルに変えるなどすることで、銀行間の面倒な手続きをせず、低コストでの送金が可能です。

ビットコインの問題点

ビットコインの現状として、価格変動が大きいことが挙げられます。送金している間に価格が何%も動いてしますようでは、決済には向きません。流動性を高めることが今後の課題です。

ビットコインの仕組みを分かりやすく

まず簡単に説明すると

ブロックチェーンにこれまでのビットコインの動きが記録されています。このブロックチェーンは改ざんできません。正確には可能ですが、コストに見合いません。

ビットコインの送金を承認することをマイニングといい、マイニングをする人を”マイナー”と呼びます。

マイニングは世界中どこでも参加でき、これがビットコインが非中央集権であると言われる理由です。

ビットコインの根幹、ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、2008年にサトシ・ナカモトという人物によって考案されたビットコインの中核技術です。ビットコインの一つ一つの取引はトランザクションと呼ばれ、「AからBに○BTC移動する」と言う形で記録されます。(BTCとはビットコインの単位)

約10分ごとにこれらのトランザクションは、ひとまとまりになった「ブロック」と呼ばれるデータを生成し、ブロック単位でトランザクションの承認が行われます。承認されたブロックは、鎖(チェーン)のように連結していくことによってデータの管理を行います。

2017年11月現在、50万個近いブロックからなる一本のチェーンに、ビットコインの全ての取引記録が記録されています。これが「ブロックチェーン」なのです。

ブロックチェーンの管理者は誰?

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、誰か特定の個人が管理するわけではありません。ブロックチェーンに参加する全てのコンピューターに同じブロックチェーンが保存されています。個々がネットワークによって繋がり、やり取りを行う「ピアツーピア方式(P2P)」によって管理されています。みんなで一緒に管理することで不正が起きないようにするのです。

ブロックチェーンは改ざんできない

最近ビットコインの盗難被害や詐欺などという言葉をよく聞くため、不安に思う方も多いかもしれません。これらの被害の多くは、パスワードの流出によって本人になりすまされ、ビットコインを送金されてしまったなどというものです。正しい管理方法を知っていれば、絶対に盗まれることはありません。

なぜならビットコインの取引が記録されているブロックチェーンは改ざんができない仕組みになっているからです。正確に言うと、改ざんすることは可能だが全くコストに見合わないのです。

ブロックチェーンとIoT

ブロックチェーンとIoTには非常に親和性があると言われています。IoTとはInternet of Thingsの略で、モノがインターネットを通じてネットに繋がり、相互に制御する仕組みです。

これからの時代、私たちの身の回りにあるものは全てIoTになると言われています。そうなった場合、同時に多数のモノがインターネットに接続しなくてはなりません。しかし、現在のデータベースサーバーではこれらの大量のアクセスに耐えることができません。そこで、ブロックチェーンの出番です。

分散型データベースによって処理を分散し、多くの情報をブロックにまとめてから処理を行うためサーバーへの負担が少ないです。さらにデータの改ざんのリスクが低いという利点もあります。そういったことから、IoTとブロックチェーンは切っても切り離せない関係にあるのです。

マイニング(採掘)とは?

ビットコインの性質上、全ての取引のデータを記録していく必要があります。その際に、誤った取引データや嘘の取引データでないか確認し、承認、記録していきます。その作業のことをマイニング(採掘)と言います。
ビットコインのブロックチェーンでは、プルーフオブワーク(PoW)という方式が採用されており、ブロックを繋げるための「キー」を膨大な計算によって最初に見つけた者が次のブロックを生成することができます。

動画でビットコインの仕組みについて分かりやすく

youtubeで分かりやすかった動画をピックアップしました。
池上彰さん 仮想通貨(ビットコイン)

ビットコインの仕組みがよく分かるオススメの本

かなり人気の書籍です。

マイニングについて詳しく知る

マイニングの仕組み、ハッシュ値とノンス(Nonce)

新しいブロックを繋げるためには、その取引が正しいことを証明するキーが必要になります。それがハッシュ値と呼ばれるものです。まず、最後に承認されたブロックのハッシュ値と新しく加える取引データ、そしてノンスと呼ばれる任意の値、これらをハッシュ関数という暗号を用いて256桁のハッシュ値を生成します。
この時、ハッシュ値の先頭の16ないし17桁がゼロになるようなノンスを探し当てます。ハッシュ値の先頭に16桁のゼロが並ぶのはかなり低い確率です。わずか10分の間に、何億回、何兆回という試行錯誤が手当たり次第にコンピューターによって行われ、マイニングが完了するのです。このとき消費されるエネルギーは非常に大きなものになります。

一つの取引が承認されると、また新しいブロックのマイニングが始まり、見事ハッシュ値を生成することができたマイナーには「12.5BTC」が報酬として与えられます。

マイニング報酬の額は少しずつ減っていく!?

先程、マイニングの報酬は「12.5BTC」と言いましたが、実は約4年ことに半減します。
このタイミングを「半減期」といい、210000ブロックごと(約4年ごと)に半減期を迎える仕組みになっています

前回の半減期は2016年ですので、次は2020年になると予想されます。

ビットコインのマイニング、電気代はいくら?

先程述べたように、マイニングをすることで報酬としてビットコインを得ることができます。一方で非常に大きなコストがかかるため、個人で行うには割に合わない状況です。そこで、中国のような電気代の安い地域で大勢でマイニングをすることで効率を上げているわけです。

個人でマイニングした際のリターンの参考例としては、1ヶ月間で106円の電気代に対して、72円分のビットコインを得ることが出来る、すなわち35円弱の赤字となる計算です。
計算量がものを言うビットコインに関しては個人でやるメリットは皆無と言えます。しかしながら、大勢で協力していくマイニング(クラウドマイニング)やその他の仮想通貨であれば個人でも利益を出すことが可能となっています。

効率よくマイニングする装置「ASIC」

マイニングの道具には、CPU、GPU、FPGA(チップ)、ASIC(専用ハードウェア)などがあります。採掘速度は、CPU<GPU<FPGA<ASICとなりますが、その分価格も高価になります。

GPUでマイニング

GPUにはいくつか種類があるので、さらにコインによっても様々なソフトがあるため、ここでは主要なものだけ紹介します。

sgminer
ccminer

動作の確認はしていませんのでよく調べてからご利用ください。

PCやスマホでマイニング

普通のPCやスマートフォンでのマイニングも出来ないということはないです。(ただしほとんど儲からないと思ったほうがいい)

プログラミングなどがわからなくてもマイニングができるソフトがこちら⇨MINERGATE(マイナーゲート)
こちらのサイトはメールアドレスの登録だけですぐにマイニングを始めることができます。さらに、自動で最も効率のいいコインのマイニングをしてくれるので、面倒な設定が一切必要ありません。Google playからもダウンロード可能で、スマホでマイニングをすることができます。

クラウドマイニングを謳った投資詐欺に注意

ビットコインのマイニングは、既に個人で参入できる市場ではありません。

そこで注目されているのがクラウドマイニングです。クラウドマイニングとは「マイニング団体」に投資し、そのお金がマイニング活動に使われ、そのマイニングで得られた利益が「投資した額」に応じて配当される仕組みです。

様々なグラウドマイニング団体が存在しますが、正当な報酬が支払われない「詐欺的なもの」も存在するようです。投資する際には、十分注意が必要です。

中国のマイニング事情

中国は電気代が世界でトップレベルで安いことから、多くのマイニングファームが存在します。マイニングファームとは、企業がマイニングのために作った大型マイニング施設のことです。

現在、ビットコインのマイニングのシェアトップは「Antpool」を運営する中国のBitmainです。
CEOであるジハン・ウー氏も有名で、大きな影響力を持つ人物です。

中国ではビットコインやICOの規制によって、仮想通貨の取引量は大幅に減少しましたが、法整備などをした上で、再び解禁されれば、大きなプラス材料になると考えられます。

ビットコインの分裂問題

ビットコインの構造上、一定期間に処理できるデータ量が決まっているため、全ての取引データに対応が出来ず、処理されない取引データが貯まっていきました。

このような問題を「スケーラビリティ問題」といいます。未処理のトランザクションが増えると、取引が承認されるまでにかかる時間が長くなってしまいます。素早く承認してもらうためにも、追加で手数料を支払わなければなりません。そのため、ビットコインの長所が失われていました。

ビットコインが8月に分裂したのは何故?

ビットコインは2017年8月に分裂してビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。
ビットコインのスケーラビリティ問題に対し、開発者側とマイナー側で意見が対立したのがことの始まりです。

当時、大きく分けて2つの改善案が提示されていました。一つは「segwit」という各取引データの容量を小さくする方法です。

しかしこの案にはマイナー側からストップがかかりました。それはsegwitの導入によって、マイナー達の利権が失われてしまう可能性があったからです。
ビットコインのマイニングでは、Asicというツールを用いることで有利にマイニングを行うことが出来ました。しかしsegwitが導入されるとAsicを使うことが出来なくなるので、マイナー達の収益が下がります。これを危惧したという面もあるのです。

改善策の2つ目は「取引データをまとめるブロックのサイズを大きくする」という方法です。

これら2つの方法に対して、議論が重ねられました。しかし議論は平行線のままでした。この対立を抑えるために、2017年5月にニューヨークで関係者による会議が開催され、segwit2xという方法で合意がなされました。これがニューヨーク協定(NYA)の内容になります。
segwit2xは「segwitによって取引データの容量を縮小した後に、ブロックサイズを大きくする」という二つの案を組み合わせたものでした。

これに対して中国の大手マイナーであるViaBTCが主導をする形で、強硬的にビットコインからハードフォークして誕生したのがビットコインキャッシュ(BCH)です。またバックにはAsicを開発したマイニング企業であるBITMAIN社もいました。

ビットコインの相場は?

ビットコインのチャート、相場を見るためのアプリ

ビットコインのチャートはスマホで手軽に調べられます。ここではiOS/Android対応のおすすめのアプリを紹介します。

1.TabTrader
世界中の取引所と仮想通貨の相場のデータを比較できます。しかも、そのまま売買も出来る有能アプリです。
問題点を挙げるならば、アプリ内の言語が全て英語であることくらいでしょうか。

  1. Cryptofolio

    仮想通貨の資産管理に最適な完全日本語対応のアプリです。自分の持っている通貨とその枚数を登録することで日々の損益も一目でわかります。もちろんほぼすべての通貨のチャートも見ることができます。また、最新の仮想通貨NEWSも読むことができます。今最も使われている仮想通貨アプリの一つです。

ビットコインの情報をリアルタイムで入手する方法

ビットコインを始めとした仮想通貨は、ファンダメンタルズによる影響が非常に大きいです。最近の例だと、ビットコインがCMEで取引されるようになるというを受けて、価格が高騰しました。

このような情報をいち早く入手することで、上昇トレンドに乗ったり、リスクを回避するなどの手段をとることが出来ます。「価格が上がっているから買ってみよう」ではなく、「なぜ上がっているか」素早く情報を集め、そのあとチャートを見て、どこまで上がるかを検討することが成功につながります。

非常に有効な手段として以下の2つを紹介します。
・Twitter
・blockchain.info

Twitterは言わずもがな情報をリアルタイムで入手する手段としてこれほど有効なものは他にないかもしれません。仮想通貨用のアカウントを作って、いい情報を発信してる人を見つけてどんどんフォローしていきましょう。

blockchain.infoはビットコインのブロックチェーンに関する情報を発信しているサイトです。特に採掘情報は非常に重要です。

blockchain.info

ハッシュレートや難易度(ディフィカルティ)に大きな変化があった場合、なにか大きな動きがあるかもしれません。Twitterでまだ発信されていない情報であれば大きなチャンスです。

ビットコインの相場は操縦されている?

先ほど紹介したblockchain.infoで、ハッシュレートをチェックしておくといい理由として、マイナー(採掘者)のビットコイン相場への影響があります。ビットコインの取引は、マイナーによって承認されます。もしマイナーがマイニングをやめれば、ビットコインの取引が承認されなくなります。そうなれば当然ビットコインの信頼は低下するため価格は下がります。

現状だとビットコインのマイニングは、マイニングファームが大きな力を持っており、それらがマイニングをビットコインからビットコインキャッシュ移るだけで価格操縦ができてしまいます。

ビットコインは長期所有がおすすめ

ビットコインの価格は上がり続けており、既に億万長者が何人もでています。最近ビットコイン投資を始めたという方も、持っているだけで利益が出ているはずです。ですがビットコインの価格の変動は激しいため、暴落した際の振る舞いは非常に大事です。

上のチャートは、ビットコインが急落した後に、最高値を更新するまでの期間をまとめたものです。
(*11月27日現在、ビットコインの価格は100万円を突破し、最高値)

これを見ると、暴落したときに損切するよりも、我慢して持っていた人の方が多くの利益を得ることになります。これが、ビットコイン投資は長期で見ることをお勧めする理由です。

当然、投資は損切りすることも大切です。ですので、「これは損切りしたほうがいい」「これくらいは問題ない」などの判断ができるようになるためにも、これまでの価格推移の歴史を知っておくことは非常に重要です。

ビットコイン相場予想

様々な人がビットコインの価格推移を予想しています。大方の予想だと短期的にも長期的にも上がっていくようです。元マイクロソフトのコンサルタントだったクリフ・ハイが開発したコンピュータによる未来予測プログラム「ウェブボット」によると、これまでの過去のデータでは、2018年2月になるとビットコインは152万円まで上昇するという予想でしたが、昨今の高騰に伴い、予想が上方修正され、来年の秋分の日前後には220万円になるとしています。

ただし、この予想がビットコイン単独のものなのか、主要な仮想通貨すべての価値を合算した価格なのかは明確ではないようです。しかし、現状ではこの価格予想の中心になっているのがビットコインであることは間違いないと思われます。

なぜビットコインは価格変動が激しいのか

ビットコインの価格が安定しないのには様々な理由があります。その理由について、いくつかまとめてみました。

・市場規模はまだまだ小さい
仮想通貨の市場は、株やFXなどと比べるとまだまだです。よって取引量も少なく、大きい額の注文が入ればそれだけで価格は大きく変動します。

・マイナーと開発者(コア)の影響
ビットコインには管理者や規制が存在しないため、開発者や、「マイナー」と呼ばれるビットコインの取引を処理する人たちの影響は絶大です。その人達のTwitterのつぶやき一つで価格が大きく変わったりします。

・株式と違い「ストップ高・ストップ安」がない
仮想通貨には株式と違い「ストップ高・ストップ安」がありません。そのため1日で価値が何倍にも跳ね上がることがあります。 これは仮想通貨投資の魅力の一つでもあるでしょう。
当然、価格が大きく上昇した際には、その後の調整も大きくなります。これには十分注意が必要です。

・各国法整備を急いでいる
世界各国がビットコインに対する法整備を急いでおり、日本のように仮想通貨を認める動きが進めばビットコインの価値は上がりますが、中国のように規制が先行してしまうと、ビットコインの信用は下がるでしょう。

ビットコインを購入するには

ビットコインを購入するには基本的に取引所を介す必要があります。そこで、おすすめの取引所や簡単に買える方法などを紹介していきます。

ビットコインおすすめの取引所は

・良い点
指値(自分が買いたい値段)で様々な通貨を買うことができる。
スマホでも操作しやすい。
様々なチャートツールでより多くの利益が得られる。

・良い点
流動性が高い
アプリでビットコイン支払いなどが出来る。

・良い点
手数料が安い
仮想通貨のFXができる

【取引する前に知っておこう】ビットコイン取引所の仕組み

ビットコインを購入するには、最初に口座開設が必要です。今すぐ買いたいと思っても、口座開設には時間がかかるので来るべき時に備えて事前に準備しておきましょう。

次に、ビットコイン購入の方法には「取引所」と「販売所」の2種類があることに注意しましょう。販売所は簡単取引などと表記してある場合もあります。
取引所と販売所両方のサービスを行っている企業や、片方のみを行っている企業、さらには通貨によっては販売所だけなど様々です。

取引所と販売所の違い

「取引所」は株式の売買などと同じで、買いたい人と売りたい人が注文を出し、価格が一致すれば取引が成立するという仕組みです。

一方、「販売所」はその販売所を運営している業者からビットコインを購入するという仕組みです。もちろん売ることも出来ます。ここで注意しなくてはならないのが、販売所の提示価格です。基本的に一般の相場より、高く売られ、安く買われる価格設定になっています。

購入価格と売却価格の開きに注意!

販売所では上の画像のように購入価格と売却価格の差が大きいことがよくあります。この図の場合、買った時点で約10%の含み損からスタートします。いくら変動の大きいビットコインでも10%の上昇は簡単ではありません。

方式メリットデメリット
取引所指値(自分が設定した価格)で取引できる自分が設定した価格で売買したい人がいなかった場合、取引が成立しない
販売所どんなに多額でも販売所が設定した価格で売買できるスプレッドが広い

取引所の欠点は取引が成立しないことがあるという点です。取引所では「成行」という価格を指定せずに欲しい量だけ購入する方法もありますが、想像以上に高い金額で取引されてしまう可能性があります。基本的には多くのトレーダーと呼ばれる投資家は取引所を使うので初心者の方も取引所を使うことをおすすめします。

ビットコインの購入単位、いくらから買える?

ビットコインは株と違い少額から投資できるのが魅力です。
取引所によって最低取引金額は異なりますが、0.0001BTCから購入が可能です。
1BTC=100万円とすると0.0001BTC=100円です。0.001BTCからの取引所もありますが、それでも1000円から投資できます。

入金方法はさまざま!コンビニ入金が可能な取引所も

取引所によって、コンビニのレジで入金を行うこともできます。あらかじめ専用の画面に入金したい金額と必要な情報を入力して申請すると、「注文番号」などが発行されます。それをコンビニに持っていき専用の機器(ファミリーマートならFamiポート)で支払いが出来ます。
*振込の際に最低金額が設定されていることもあるので注意

日本ビットコイン取引所のシェアが41%に!

中国のビットコイン規制によって取引高が大きく減ったのに対し、日本の取引所は徐々に増えています。2017年11月現在では、日本のビットコイン取引高のシェアは約40%に達しています。中国の規制が解除されればよりビットコインの流動性が高まることでしょう。

日本の取引高は上昇しましたが、やはりトップを走るのは海外の取引所です。本サイトでも紹介はしますが、日本の取引所と比べてサポートの弱さなどが指摘されています。特にハッキングによる盗難や、入出金のミスによるトラブルも報告されているため、取引する際には十分注意が必要です。

ビットコインを取り扱っている代表的な海外取引所

1 BITTREX

① 約200種類の仮想通貨を扱っています。そもそも種類が多いのに加え、ICOを終えたばかりの仮想通貨が上場してくることからこのような数になっています。

② BITTREXはとてもたくさんのアルトコインを扱っています。先程も述べたようにICOを終えた仮想通貨の多くが上場してくるので、様々な仮想通貨を買ってみたいという方にとってとても魅力的な取引所であると言えます。こちらも日本語は対応していません。

2 Poloniex

① Poloniexでは70種類以上の仮想通貨を取り扱っています。ただし、海外の取引所のため日本円で直接通貨を買うことができませんので、国内の取引所で買った仮想通貨をPoloniexに送金する必要があります。国内で取り扱う代表的な仮想通貨はもちろん、いわゆる草コインと呼ばれる通貨も多く取り扱っています。

② Poloniexではレンディングを行うことができます。取り扱う通貨ペアが非常に多く、手数料も安いことから世界で最大級の取引所です。ただし、日本語は対応してないため英語が不安な方はしっかり解説サイトで確認するなどしていく必要があります。

3 Bitfinex
世界最大のビットコイン取引高であるBitfinexでは、16種類(Bitcoin/Ethereum/Litecoin/OmiseGO/Iota/Bcash/EOS/Monero/Ethereum Classic/NEO/Dash/Zcash/Repple/Santiment/Chain Split Tokens/Recovery Right Tokens)のコインを扱っています。

安全に取引!金融庁に登録された仮想通貨業者

海外の取引所は、ユーザーへのサポートや保証がしっかりしていないと言われています。例えば取引所が破綻した場合、その取引所に預けていた仮想通貨は引き出すことができなくなり、泣寝入りせざるを得ません。

しかし、国内の金融庁登録された取引所であれば、企業の資金がユーザーの資産と分けて管理してあるため、前述したようなリスクはありません。

ビットコイン取引所が破綻したらどうなる?取引停止に?

もし取引所が破綻してしまったら、私達の持っている仮想通貨はどうなってしまうか不安になったことはありませんか。実は2014年2月に突如ビットコインが114億円分が横領され、その後経営破たんした取引所があります。この一連の騒動はマウントゴックス事件と呼ばれています。この時にビットコインを預けていた人たちは回収する術がありませんでした。


しかし現在は金融庁による法整備が進み、登録事業者は顧客財産の分別管理を義務付けられているので、安心して取引を行うことが可能です。金融庁の登録を受けた事業者であるか今一度確認してから取引を行うことをおすすめします。

MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ビットコイン、bitcoin トップへ