ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)のこれまで

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にハードフォークが行われた結果、ビットコインから新たな仮想通貨として誕生しました。分裂当初は信頼されていませんでしたが、近頃の高騰を見ると周囲の見方も変化していることがわかります。

以下の記事では、そんなビットコインキャッシュがそもそも何であるのかやビットコインとの違いを取り上げており非常に参考になります。

ビットコインキャッシュの今後は?

今後価格は上昇するのでしょうか。

そのカギとなるのはマイナー、取引所そして開発者です。

【1】マイナー

ビットコインのマイニング(採掘)を行う人はマイナーと呼ばれています。
下の図はマイナーの動きをまとめたものです。

11/12までに、ビットコインのマイナーはマイニングの収益性が悪化した結果、ビットコインキャッシュに移動しました。
しかし、11/13にビットコインキャッシュで難易度調整が行われたことで、ビットコインのほうがマイニングしやすくなり、マイナーはビットコインに戻るようになりました。
マイナーに来てもらえるような環境作りを行った結果、11月下旬以降マイナーの動向に注目です。

【2】取引所

来年1月にアメリカの最大手取引所であるCoinbaseがビットコインキャッシュの配布を行います。対象者は8月の分裂の段階でビットコインを保有していた人です。
市場にビットコインキャッシュが溢れることになるので、市場の盛り上がりが期待されています。



【3】開発者

先日ビットコインキャッシュの開発を主導するBitcoinABCは、ビットコインキャッシュの今後の中期計画を発表しました。
以下に原文も載せましたが、6ヶ月ごとにアップグレードとしてハードフォークを行ったり、ブロックの生成時間を短縮するといったもので、ビットコインキャッシュの発展に期待が持てる内容となっています。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ビットコイン、ビットコインキャッシュ、bitcoin、bitcoincash, トップへ