ビットコインは普通の通貨とは違い、「ウォレット」と呼ばれる自分専用のビットコインアドレスで保管します。最近では取引所で口座開設をした際に、自動で専用のアドレスをもらえるので、それもウォレットと呼ばれるようになっています。
以下では3種類のウォレットについて説明します。

【1】Webウォレット (オンラインウォレット)

Webウォレットはその名の通り、インターネット上で管理するものです。
【メリット】
・取引所(bitFlyerやcoincheck)に口座を開設すれば、もらえる
・ログインできればどこからでもアクセスできる

【デメリット】
・取引業者にセキュリティが依存してしまう
・ハッキングされてしまう可能性がある
・インターネットがない環境では使えない

【2】ソフトウェアウォレット (デスクトップウォレット)

ソフトウェアウォレットは、自分のパソコンやスマートフォンにソフトをダウンロードして使います。
【メリット】
・ローカル環境で管理できる
・ネットと切り離して使えるため、ハッキングのリスクが小さい

【デメリット】
・自分のPCが故障したら、ビットコインを取り出せなくなる可能性がある
・ソフトをダウンロードしたパソコンでしか使えない

【3】ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは専用のUSBや紙に保管します。
【メリット】
・オフラインでビットコインを管理出来ます。
・ハッキングのリスクが小さい
・長期保有を実現しやすい

【デメリット】
・媒体をなくしてしまうリスクがある
・通貨を取引するために取り出す手間が大きい

ビットコインのウォレットが利用できるおすすめアプリ3つを厳選!

ソフトウェアウォレットとして、スマホのアプリのおすすめを紹介します。
アプリなので、作り方も簡単です。

breadwallet

アプリをダウンロードすれば、アドレス要らずで利用できます。
ちなみにこのアプリではビットコインの単位が「BTC」ではなく「b」になります。
すなわち1BTC=1,000,000bということになる点に注意しましょう。

Blockchain

二段階認証といったセキュリティが万全。
ビットコイン支払いが可能である店舗をマップで表示してくれます。

出典: i2.wp.com

BitcoinWallet

オフラインでもBluetoothを使えば支払い可能という便利な機能付き。
上で挙げたBlockchainのコードのベースとなっています。

ハードウェアウォレットのおすすめは?

LedgerNanoS(レジャーナノS)

LedgerNanoS(レジャーナノS)であれば、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアム系トークン、リップル、ライトコイン、Zcash、DASHなどを1台で全て管理することができます。

Trezor

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Zcash、DASH、イーサリアムトークンに対応しております。

ビットコインウォレットからの移動と手数料

ウォレットにビットコインを移したものの、現金にしたい時はどうすれば良いのでしょうか。

答えは、取引所にビットコインを移さなければならない、です。

アプリやUSBに預けてもあくまでも「保管のみ」が目的となっているので、取引を行えません。そのため、取引所で現金と交換しなければならないです。

また手数料ですが、アプリやPCソフトの場合ウォレットからの出金手数料はかかることもあるので注意が必要です。


関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ビットコイン, ウォレット, アプリ, 手数料, おすすめ, bitcoin, トップへ