仮想通貨に投資している人が急増しています。
特に東京と大阪では電車内でビットコインのチャートを見ている人が多いようです。

最近ではオルトコイン(ビットコイン以外の通貨)も人気が出てきており、リップルなどは、注目度が急上昇しているため”とりあえず買ってみた”という人も多いと思います。

しかしそこには初心者に陥りがちなワナがあります。
今回は仮想通貨で知らず知らずのうちに損をしているかもしれない人のための記事です。

口座開設するまで気づかない取引所のスプレッド

上の画面はある取引所の画面です。通貨ごとの価格や上昇率が非常にわかりやすいです。例えばリップルの価格ですが、現在、81円でかなり上がっています。

ここまでは会員登録していない人でも見ることができますが、購入画面に進もうとするとログインが要求されます。

ログインして購入画面に進むとレートが84.9円に!!
なんとさっき見た画面より3円も高くなっています。

さらにコインを売る画面を見てみると78円!

一覧では81円
購入画面では84円
売却画面では78円

これが実質の手数料になります。
84÷78-100=7.69…

つまり約7%が実質の手数料として取られているのです。
これは非常にもったいないですね。


取引所には、「取引所」と「販売所」の機能があり、先ほどのは「販売所」にあたります。
販売所側で売却価格と買取価格を決めるためこのような価格差が生じます。

相場と同じ価格で売買できるのが「取引所」です。これから仮想通貨投資を始める方は、ぜひ取引所で売買するといいと思います。

リップルなどのオルトコインの取引は板取引がおすすめ

取引所にある気配値表示「板取引」は株式の売買などと同じで、買いたい人と売りたい人が注文を出し、価格が一致すれば取引が成立するという仕組みです。

BitTradeの取引画面を見ていきます。

「取引所」の場合、自分の買いたい価格で通貨を購入できます。
また、「30円まで下がってきたら買う」などあらかじめ予約注文しておけるのも魅力の1つ。

この取引所では、リップルの他にライトコイン、モナコインなど合計6通貨を取り扱っており、今後も増えそうです。手数料も0.2~0.7%と低水準です。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
リップル,購入,お得 トップへ