最近、仮想通貨が盗まれたり、取引所の口座に不正にアクセスされたというニュースを見かけるようになりました。

なぜそういった被害に遭ってしまうのかというと、セキュリティー対策が万全でない可能性が考えられます。今回はその対策として「二段階認証」について解説します。

二段階認証(2FA)とは

そもそも二段階認証とはどういうものなのでしょうか?

ID/パスワードの確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

引用: id.smt.docomo.ne.jp

仮想通貨の取引に当たり、二段階認証を設定しておくのは必須です。もし設定を怠り、ハッキング被害にあったとしても誰も保証してくれません。もちろん二段階認証をしていても完ぺきなセキュリティというわけではありませんが、必ず設定することをお勧めします。

どんな時に必要か?

仮想通貨の取引でどんなケースで二段階認証が必要となるか?仮想通貨取引所Bittradeの例を挙げてみましょう。

【二段階認証を求められる場面】
  ・ BTC の引出先ビットコインアドレスを新規追加するとき
  ・ JPY 出金用の銀行口座を新規登録するとき
  ・ 出金のリクエストを行ったとき
  ・ ニ段階認証、 SMS 認証の設定を解除するとき

二段階認証はスマホアプリで設定できる

スマホアプリでの二段階認証には主にGoogle Authenticatorが使われています。まずはこれをダウンロードします。

ダウンロード後アプリを開き、アカウントの追加(+ボタン)を押し、「バーコードをスキャン」を選択すると、QRコードリーダー(カメラ)が起動します。それをアプリで読み取れば完了。

二段階認証設定方法【Bittrade】

①ビットトレードにログイン
②人マークを押す
③セキュリティを選択

④二段階認証の設定を行う

なお、ビットトレードでは携帯電話を利用したセキュリティシステム「SMS認証」もあります。二段階認証と合わせて使えばさらに強固になります。

ここから重要!バックアップ方法

スマホを使って行う二段階認証は非常に便利なのですが、スマホに紐づいているシステムなので、もし万が一スマホを紛失、破損したら、またはスマホの機種変更の時、取引所にログインできなくなってしまいます。その場合4つの方法があります。

【二段階認証バックアップ方法】
①登録時にシークレットキー(6桁の数字)を記録しておき復元する
②QRコード画面をスクリーンショットしておく
③取引所に連絡し、二段階認証を解除してもらう
④複数のスマホで登録する

(ポイント)
①②は保管方法に十分気を付けてください。
③は国内取引所なら可能ですが、時間がかかるかもしれません。
④は要らなくなったスマホに同時に読み込ませるため、すでに1台に登録済みの場合はいったん解除して2台分の再設定が必要です。

まとめ

仮想通貨の取引は、ウォレットでも取引所でも管理は自己責任です。仮想通貨の値上がりとともに、ハッキングの問題も増えています。「自分の資産は自分で守る」という認識で、可能な限りのセキュリティ対策を行っていきましょう。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP