国内大手取引所コインチェックから多額の仮想通貨NEMが不正送金された事件で、「マルチシグ」が話題となりました。今回はマルチシグについてわかりやすく説明します。

公開鍵方式とは?

まずはコインの送付する技術に「公開鍵方式」について

公開鍵方式では、公開鍵と秘密鍵が必要です。「公開鍵」は誰もが見られるオープンな鍵、反対に「秘密鍵」は受信者側しかわからない鍵です。公開鍵で暗号化された情報はこれに対する秘密鍵によって複合化されます。

この技術はネット上のデータを暗号化する方法であり、公開鍵と秘密鍵が「1対1」で対応し秘密鍵がないと情報が得られないので、安全性が高いとされています。

シングルシグ(Single sig)とは?

この公開鍵方式のうち、「公開鍵:1」に対して「秘密鍵:1」で管理することをシングルシグ(Single sig)といいます。

マルチシグ(Multi sig)とは?

シングルシグに対して、マルチシグというさらにセキュリティを強化したしくみがあります。マルチシグはその名の通り「複数の署名」が必要となる技術です。複数の秘密鍵はそれぞれ分割されていて、これを合わせて署名しないと公開鍵が開きません。

仮想通貨の取引所など組織で管理する場合、管理者によるコインの持ち逃げ、秘密鍵の盗難、紛失などがあると多大な被害に発展してしまうからです。

「2of3マルチシグアドレス」は、”3つの秘密鍵のうち2つの鍵で署名する”が必要という意味です。

2of3マルチシグアドレスのうち1つの秘密鍵がハッカーによって盗まれたとします。シングルシグの場合、秘密鍵が盗まれたらアウトですが、マルチシグの場合ならほかの2つ秘密鍵のどちらかも盗まなければならないので、容易ではありません。

さらに盗まれた秘密鍵2をほかの2つ(秘密鍵1.3)が結託し追放することが出来ます。さらに新たに秘密鍵4を作成することにより元通りの状態に戻すことが可能です。

まとめ

マルチシグは複数による承認作業など、複雑な管理が必要とされるため後回しにされていた事業者もあるようですが、今回のハッキング事件を教訓に改善されると思います。またユーザー側も、仮想通貨取引に関連するセキュリティ知識を高める必要があります。

ビットトレードはマルチシグを採用

仮想通貨取引所ビットトレードでは「マルチシグ」による管理体制を構築しているので安心ですね。

関連トピック
ボリ平

FX/BO/仮想通貨トレーダー

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP