コインチェックの事件を受けて、どの取引所に仮想通貨を預けたらいいんだろうと困っている方もいると思います。 今回は必ず知っておくべきセキュリティの話をしていきます。

コールドウォレットで資産を安全に管理

そもそもウォレットとは、私達の仮想通貨を入れておくお財布のようなものです。ウォレットには大きく分けて2つ、「コールドウォレット」と「ホットウォレット」があります。

違いは何かというと、「オフライン」か「オンライン」かという違いがあります。
コールドウォレットはオフラインで、ホットウォレットはオンライン、つまり常にインターネットに繋がっている状態です。

コインチェックはネムをホットウォレットで管理していたため、不正送金されてしまいました。

コールドウォレットは外部からのアクセスができないため、ハッキングされる危険はありません。ですがその分、送金など取り出すのに手間がかかるというデメリットもあります。

取引所のセキュリティを確認しましょう

これから取引所に口座を開設しようとしている方、あるいは既に口座を持っている方は、必ず取引所のセキュリティをチェックしておきましょう。

どの取引所もどこかに必ずセキュリティに関する記載がしてあります。

BitTradeでは、仮想通貨の管理に際してマルチシグ(複数人署名)によるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築しています。マルチシグとは、仮想通貨の送信に複数人の承認が必要な仕組みです。安全のためにビットトレードでは、全ての種類の仮想通貨をコールドウォレットで管理しております。

引用: bittrade.co.jp

このように取引所がどのウォレットで資産を管理しているか確認しましょう。

マルチシグ対応かどうかも確認しましょう

以前の記事をご参照ください↓

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
取引所,コールドウォレット トップへ