IOTAってどんなコイン?将来性は?徹底リサーチ!

今、様々なコンセプトから仮想通貨が発行されていますが、その中でもひときわ目立つ存在なのがIOTAという仮想通貨です。時価総額では上場してすぐに数ある仮想通貨をごぼう抜きしてトップ10まで食い込み、大きな話題をよびました。そこで今回はIOTAがどんなコインなのか、将来はどのような形で利用されるかなどを徹底リサーチしました。

どんなコンセプトなの?

IoTデバイスの活用のために開発された仮想通貨

IoTに特化した仮想通貨として登場しました。他の仮想通貨と異なり、取引コストがかからないため、デバイス間のやり取りに適しています。IOTデバイス間の小さな取引データ(マイクロトランザクション)の記録とそれらに伴うマイクロペイメントに手数料がかからなくするために作られました。

どんなところが長所?

送金手数料がかからず、安全に送金ができる点

IOTAの長所は手数料なしで送金を行うことが可能なところです。これはTangleと呼ばれる非循環有向グラフ構造という仕組みによって送金処理が行われるためです。そのため細かな情報やお金のやりとり(マイクロペイメント)にも適合しています。またIoTデバイスの取得したデータ(気温や使用量など)を、デバイス間で安全にやり取りすることが可能です。これはIOTAのTangleを通して送信することで、データ改竄や外部の攻撃を防ぎます。これにより、IoTデバイス間で安心してデータのやり取りができるようになります。

Photo on VisualHunt

そもそもIoTってなに?

モノのインターネット(Internet of Things)です。様々なモノがインターネットに接続され、またモノ同士もインターネットのように繋がる仕組みであり、これによってモノが相互に制御することも可能となります。

IOTAの将来性は?IOTAのまとめ

IoTは仮想通貨との相性が非常によく、IOTAが今後世の中に普及することでさらに決済や送金がスマートに行うことができるようになります。またIOTAは市場価値が8兆円以上と言われている巨大なIoT分野で今後さらに拡大することが予想されます。入手するには海外取引所のBinanceの開設が必要ですが、これからより多くの取引所でも買うことができるようになるのではないでしょうか。

IOTA公式ページ

引用: iota.org

追記:台湾の首都台北市は、市民の個人認証プログラムの推進にあたって、IOTA Foundationと提携をしたと発表しました。今後もIOTAの動向には目が離せません!

CCN公式ページ

引用: www.ccn.com

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP