サウジアラビアの中央銀行は国際決済でブロックチェーン技術を試験的に利用するため、リップル社と契約したことを発表しました。これについて今後のリップルの将来性や価格への影響を徹底リサーチします。

Photo on VisualHunt

ニュースの価格に対するインパクトは?

非常に大きいです。これを皮切りに多くの中央銀行がリップルをはじめとした仮想通貨と提携することが予想されます。中央銀行がこのような試験的プログラムを行うのは今回が初めてとなります。この取り組みによってサウジアラビアの国内銀行はリップルを活用して、国際間の即時決算が可能になります。

提携することによる実用性は?

決済にかかる時間が短縮され、手数料を小さくする他、国際決済の透明性が高まります。まずは導入に関心がある国内行に中央銀行がプログラムマネジメントやトレーニングを実施する予定です。

他国への影響はあるの?

地域の金融センターとしての地位向上を狙うバーレーン王国はデジタル通貨の利用を模索しており、ここ数カ月、湾岸諸国の他の当局が追随する動きもみられるとのことです。

出典:ロイター公式HP

引用: jp.reuters.com

リップルの今後の方向性は?

リップル社のディリプ・ラオ氏は、「世界中の中央銀行がブロックチェーン技術を受け入れつつある。ブロックチェーン技術がクロスボーダー決済に変革をもたらし、貿易と商取引を行ううえでの企業と消費者双方の障壁を引き下げるということを認識しているからだ」と述べました。(中略)
 現在、リップル社は100を越える金融機関と提携関係にあり、先週にも中国の決済サービス大手リエンリエン(連連支付)と新たな提携を結んでおり、今後もその動きは加速していくことが想定されます。

出典:コンテレグラフ公式HP

引用: jp.cointelegraph.com

リップルの今の価格は?

発表時点では1XRP120円前後を推移しています。相場は堅調でこれからもう一段、上値を試す展開となっています。

出典:ビットトレード社公式

引用: bittrade.co.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか。今後もリップルは決済インフラとして成長することが予想されます。リップルを取引する際は板取引ができるビットトレードがオススメです。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP