金融広報中央委員会が実施した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成26年調査」を元に表に取りまとめてみました。ご自身の状況と照らしあわせてみてください。

年代別、二人以上世帯の貯金平均額

 調査によると平均貯金額は20代で365万円、30代で600万円、40代で962万円、50代で1,524万円、60代で2,175万円という結果になりました。

 単身世帯に比べて20代は若干多い結果となっていますが、30代から50代の間は子供の養育費などもあることから単身世帯に比べると低い結果となっています。

年代別、二人以上世帯の貯金平均額
年代平均値*中央値
20代365万円200万円
30代600万円405万円
40代962万円640万円
50代1,524万円900万円
60代2,175万円1,398万円
全世代1,539万円860万円

* 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成26年調査結果 : 知るぽると

*中央値というのは、その比較対象を順番に並べて、ちょうど真ん中にあたる数字を抜き出したものです。ここでは、中央値の貯金額の人の割合が一番多いということになります。

参考: 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成26年

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP