ビットコインやイーサリアムと並んで市場からの注目度が非常に高いリップル(XRP)ですが、今回はその特徴についてのおさらいと仕組みや基本概念をリサーチしました。

Photo on VisualHunt.com

そもそもRipple(XRP)の特徴ってなに?

・金融機関や決済プロバイダー向けに設計された唯一のデジタルアセット
・法定通貨の間のブリッジ通貨として機能し、より速く、低コストで、信頼性の高い国際送金が可能

ブリッジ機能という中間通貨の役割を果たし、通貨や仮想通貨の種類に捕われる必要無く数秒で送受信ができ、送受信以外にもウォレット内で円をユーロなどに両替することも可能となります。

リップルウォレット内のみで取引が完結、両替が不要となり、またコンセンサスシステムを使用していることによって、承認作業が非常に早く行われます。

リップル(XRP)はブリッジ通貨として、IOU取引により決済をしています。ブリッジ通貨とは異なる通貨の両替をスムーズにするために間に入る通貨のことです。これにより、送金や決済スピードが速く、低コストになります。

IOUってなに?

IOUとは、債務者が債権者に対して発行する借用証明書のことです。英語のI owe youからIOUの名前がついています。もともとIOU自体には資産的価値はなく、借りた分の債権を保証するものです。IOUによって、資金管理と両替がとても便利になります。

Photo on Visual hunt

具体的にはIOUによってどんな風に便利になるの?

資金管理の面では、例えばAさんが自分の銀行口座に10000円を入金をする場合、残高には自分の資産として「10000円」と表示されます。一方で入金された10000円は実際は銀行の金庫に保管されます。

重要なポイントは、通帳に自分の資産として表示されている「10000円」は10000円そのものではありませんが、10000円をいつでも引き出す権利を保証する借用証明書です。

この場合、債務者は銀行、債権者はAさんとなります。(この考え方によれば、銀行預金は銀行への貸与に等しいのです。)IOUの発行者は複数存在することもあり、IOUの発行を行したりIOUの換金を行う人や会社を「ゲートウェイ」と呼びます。IOUは個人間でやり取りが可能であり、IOUを持っていれば誰でもゲートウェイからお金をもらうことができます。

両替の面では、例えばある銀行で10種類の通貨を扱っていたとします。
この場合、全通貨に関して両替を行えるようにするには、計45通りの両替に対応しなければなりません。 一方で間にリップルを挟めば、計10通りの対応で完結します。そして、この有用性は取り扱う通貨数が多ければ多いほど高まります。

リップルのシステムではXRPそのものをやりとりするのではなく、IOUによる残高の書き換えにをより決済を行います。例えばAさんがBさんに10XRPを送金したいとします。その際、直接Bさんのウォレットに10XRPを送るのではなく、「AからBに10XRP」というIOUがゲートウェイにより作られます。
そのIOUをもとにリップル社がAさんの残高から10XRPを減らし、Bさんの残高を10XRP増やします(IOUはその後は破棄されます)。 このようにIOUを利用することでトランザクションをブロックチェーンに記入する必要がなく、結果決済スピードがはやくなっていて手数料も削減できているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?なんとなく「リップルって値上がりするんでしょ?」と思って保有しているより、その仕組みや有用性を知っていた方が仮想通貨取引も面白くなるかと思います。リップル(XRP)の取引をご検討の方はスプレッドの大きい販売所ではなく「板取引」で出来て、取扱通貨の豊富なビットトレードがオススメです。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP