ビットコインをはじめとした仮想通貨が日を追うごとに世の中に浸透していますが、今回はその根底を支える仮想通貨の「マイニング」についてまとめました。

マイニングとは?

ビットコインをはじめとした一定の仮想通貨は、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。
マイニングとは仮想通貨の暗号化、取引履歴システムに参加することを意味します。

また、この取引台帳データのことは全体を指して「ブロックチェーン」と呼ばれ、追記作業が「ブロック生成」と呼ばれています。このシステムによって非中央集権的に正当性を保つことができ、マイニングに参加することはその通貨の整合性を管理する一役を担うことになります。

マイニングの作業はコンピューターによる計算で実現可能ですが、膨大な計算量が必要となります。
そこで、この追記作業(マイニング)のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。

また報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われ、通貨の新規発行がこの瞬間に発生します。

どんな人がマイニングを行なっているの?

ビットコインをはじめとした仮想通貨では、この追記作業に有志のコンピューターの計算処理能力を借りており、膨大な計算を行い、参加者全員で共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っています。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいます。

Photo on Visualhunt

マイニングをするためには専用の機械が必要?マイニングマシンとは

マイニングマシンとは暗号通貨をネットワーク上で電子的に発行し利殖を行うための専用コンピューターです。「マイニング」という言葉は鉱山を「掘削」することに例えて一般に利用されています。

暗号通貨はネットワーク環境があれば、一般的な家庭用PCを用いてマイニングが可能となりますが、一般的な家庭用PCを用いた場合、マイニングに必要な演算出力を出すことはできず、実質的には殆ど経済的な効果がありません。

そこでマイニング出力を最大限に高めるために専用のマシンを用いるわけです。マイニングマシンに関する判断基準としては①購入コスト、②掘削能力、③消費電力が挙げられます。

またマイニングマシンには特定の仮想通貨を採掘することに特化したASIC型と汎用性の高いGPU型があります。

マイニングやってみたいかも!

現在マイニング競争が激戦化してしまい、マイニング専用のコンピューターがなければ新規参入は難しい状況となっています。ただし、秋葉原の電気街などでマイニングに有効なGPUなどが売られているので、これを駆使すれば少額からマイニングが行えるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マイニングは仮想通貨初心者にはハードルが高い気もしますが、はじめてみると非常に面白いかもしれません。

またGPU型マイニングではビットコインへの対応が難しいなど、ASIC型、GPU型それぞれに各仮想通貨との相性の良し悪しがあったり、リップルをはじめとしたマイニングによる入手が困難な仮想通貨があることもおさえておきたいです。

「さすがにマイニングするのは難しそう、、」という方は仮想通貨取引所で仮想通貨を買ってみるところからはじめてみて下さい。仮想通貨取引所選びではセキュリティや取扱通貨の豊富さなどの点でビットトレードがおすすめです。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP