仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネットを通じて取引される貨幣のことを指します。現在巷でよく聞かれる「ビットコイン」は1,500種類以上ある仮想通貨の中の一つです。
では、私たちにとって最も身近な円やドルといった法定通貨と比較しながら、その概要を探っていきましょう。

まずはその様態から

私たちが普段使っている法定通貨は実体があり、当たり前ですが見ることも触れることもできます。クレジットカードや電子マネーといったものも、あくまで現金を前払い・後払いすることによって使用可能となります。

それに対して仮想通貨には実体がありません。インターネット上に存在はしますが、あくまでもそれは情報・データの形式としてです。

次にその発行元と管理者について

法定通貨は、各国の中央政府や権力者が発行し管理します。例えば日本では、中央銀行である日本銀行がその役割を担っていますよね。

では仮想通貨はどうでしょう。
通常仮想通貨はその開発者によって発行されます。
また管理に関しては開発者ではなく、不特定多数の人々の監視によって行われています。全ての取引はインターネット上の台帳に記録され、公開されたデータは誰でも閲覧することが可能です。

そしてこの発行・管理の過程こそが、仮想通貨の信頼を確保するための大きなカギとなります。

詳しく見ていきましょう。

参考:ブロックチェーンの図(いらすとや)

仮想通貨の発行と管理 ~マイニングとブロックチェーン~

仮想通貨の発行は先ほども示したように開発者によって行われていますが、いつでも簡単に発行されるわけではありません。

そもそも仮想通貨はインターネット上の台帳に取引が記載され管理されているのですが、ある一定の第3者がその業務を担っているわけではないため、一つの取引データを記帳するたびに有志の協力が必要となります。この有志による「台帳への取引データの記入」という行為を、「マイニング」と呼びます。
そして一番最初にマイニングを成功させた者に対して、報酬としてビットコインが新規に発行されるのです。

マイニングを行うためには高性能なコンピューターが必要となるため、個々人がお金を稼ぐために参加するのは割に合わないと言われています。

ところで、取引データが記載されるインターネット上の台帳を「ブロックチェーン」と言います。
一定数の取引データが記帳された「ブロック」がいくつも「チェーン」のようにつながっていることから、この呼び名がついています。
マイニングを行う人々(通称「マイナー」)は、マイニングによってブロックチェーンの先っぽに新たなブロックをつなげていくのです。

一つひとつのブロックにはそれ以前に記載されたすべての取引データを要約した「ハッシュ」と呼ばれるものが入っており、この仕組みによって台帳の改ざんが極めて困難となっています。

ブロックを改ざんするためには、それより以前のブロックに加えこれから追加されていくすべてのブロックも辻褄が合うように書き換えなければならないからです。
そしてこの技術こそが、仮想通貨の安全性と価値を保証し、所有者の信用を得ている、つまり仮想通貨を通貨たらしめている最大の要因なのです。

個人が仮想通貨を所有するメリットは?

先述したように、私たち個人でマイニングによってビットコインを得ることは、ほぼ不可能です。(銘柄によってはマイニング可能なものもあります)

通常は取引所で口座を開設し、法定通貨との交換によって仮想通貨を取得することができます。では今話題の仮想通貨ですが、実際に所有するとどんな良いことがあるのでしょうか。

■4つのメリット
1.資産を増やせる
2.リスク分散の一手段となる
3.送金が早い・安い
4.海外でも使用可能

1,投資として利用することで資産が増える

仮想通貨は株のように投資手段として使うことができます。
例えばビットコインは2010年から2017年にかけてその価値は30万倍にまで上がっています。もちろん価格の変動は容易に予測できるものではなく、下落することも考えられます。しかし注目度が増している中で今後仮想通貨が更に広く普及し、それと共に価値が上昇していく可能性は十分にあるでしょう。

2,リスク分散の一手段となる

ほとんどの仮想通貨は法定通貨と異なり、発行量があらかじめ定められています。そのため円やドルのようにインフレになることがなく、法定通貨の価値変動に影響されることがありません。
複数ある資産の一つとして仮想通貨を保有することは、リスク分散に最適です。

3,送金が早い・安い

法定通貨は銀行等の中央機関を通して送金を行うため、国内外問わず数%の手数料がかかります。送金する金額が大きくなればなるほど、手数料が膨大なものになっていきます。
それに対して仮想通貨は銀行を経由せずに送金することができるため、手数料はほとんどかかりません。
もちろん媒介する機関がない分、送金スピードも格段に早くなります。

4,海外でも使用可能

仮想通貨は法定通貨のように各国が異なる通貨を使用しているわけではありません。ビットコインは日本でも使ってもビットコイン、アメリカで使ってもビットコインです。つまり、海外へ行くたびに両替をせずとも済むわけです。
手間を省くことができ、更に両替の際の手数料を払う必要もなくなります。

逆に仮想通貨のデメリットは?

メリットがあればもちろんデメリットもあります。

■3点のデメリット
1.ハイリスク・ハイリターン
2.ハッキングの可能性
3.まだ広く普及していない

1,ハイリスク・ハイリターン

種類にもよりますが、仮想通貨の価格は変動が激しいため、大きく値上がりすることがあれば、大きく値下がりする可能性ももちろんあります。
余裕も持って投資することは必要不可欠です。

2,ハッキングの可能性

仮想通貨はインターネット上での取引によって成り立っていますので、常にハッキングの危険はあります。
しかしこれに関しては個々人の注意と管理によって未然に防ぐことが可能です。財布を肌身離さず持ち歩くように、IDやPassをしっかり管理することが大切です。

3,まだ広く普及していない

非常に便利な仮想通貨ですが、現在日常生活でそれを利用できる場面は限られています。
しかし注目され始めているのも確かで、それと共に日本でも様々な場所で普及していくことは想像に難くありません。特にクレジットカードに比べ手数料が圧倒的に安いので、小規模店舗等が導入しやすいという利点があります。
いずれにせよ、今後の日本や世界の状況に目を向けていかなければならないでしょう。

まとめ

今まで仮想通貨という言葉を耳にしたことはあってもその実態についてはよく知らない、という方のために、仮想通貨の基本的なポイントをおさえながら見てきました。決して単純な仕組みではありませんが、今後確実に社会の中で必要とされていくツールです。
これをきっかけに、更に仮想通貨についての興味を深めていただければ幸いです。

MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP