銀行が仮想通貨を嫌う理由

仮想通貨市場が拡大してきました。これにより世界のメガバンクはどのように対応していくのでしょうか?データをビジュアル化するサイト:houmuchを参考に解説します。

Market Cap Wars:Banks vs Cryptocurrenciesによると、ほとんどの銀行はネガティブな感情を持っているようです。理由としては、マネーロンダリングなどの金融犯罪に仮想通貨が利用されるから、銀行の収入源である手数料ビジネスが成り立たなくなるから、などが挙げられています。

ここまで来た仮想通貨の時価総額

Visualizing Why Banks Hate Cryptocurrencies

時価総額について、howmuchではYahoo Finance と CoinMarketCap.comのデータをもとに世界のビックバンクと仮想通貨の市場をビジュアル化しています。

これを見ると、仮想通貨市場がかなり銀行の脅威となっている事が分かります。

・JPモルガン = 仮想通貨全体
・中国銀行 = ビットコイン
・ゴールドマンサックス = アルトコイン連合
・モルガンスタンレー=イーサリアム

最近のニュースでは銀行の一部でクレジットカードによる仮想通貨購入が禁止されました。既存金融機関ではまだまだ仮想通貨排除の動きが強そうです。

金融関係者によるネガティブ発言

仮想通貨の成長に対し、脅威を感じる既存の金融機関からは仮想通貨を否定する発言もいろいろ聞かれます。

JPモルガンのCEO、ジェイミー・ダイモン氏が「ビットコインは詐欺だ、チューリップバブルよりタチが悪い」と発言したのも仮想通貨市場の成長が、もはや無視できない存在になった証拠です。

ちなみにダイモン氏はこの後、発言を翻しビットコインETFは聖杯などと、仮想通貨を容認する発言をしています。JPモルガンはブロックチェーン技術を活用しており、イーサリアム企業連合(EEA】のメンバーでもあります。

アメリカの著名投資家:ウォーレン・バフェット氏も仮想通貨に対して懐疑的な発言をし、自身のファンド会社パークシャー・ハザウェイでも仮想通貨投資は行っていないとのこと。

しかし米CME、CBOEがビットコイン先物を上場し、ビットコインETFも上場の可能性が出てきた事からも、仮想通貨へ投資するファンドや投資家が増えてくることが予想されます。

まとめ

仮想通貨の中でも、特にリップル(Ripple)銀行との共存か競合か、意見が分かれるところです。今のところ銀行が徐々にリップルの持つソリューションを活用する方向に進んでいます。

2017年は仮想通貨市場が投機的な動きをした事は否めません。2018年は仮想通貨やブロックチェーンがどのように実業と結びつくか?に注目していきたいと思います。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP