ビットコインドミナンスが相場上昇を示唆する

ビットコインドミナンスとは、仮想通貨時価総額全体におけるビットコインの占有率です。2017年初頭まではビットコイン1強で90%を占めていましたが、その後徐々に比率が減り、他の通貨(アルトコイン)のシェアが拡大しています。

ビットコインドミナンス比較

出典:coinmarket.cap ビットコインドミナンス

【4/9ドミナンスデータ】
ビットコイン:44.79%
イーサリアム:14.93%
リップル:7.33%
ビットコインキャッシュ:4.20%
ライトコイン:2.48%
NEO:1.20%
NEM: 0.79%
IOTA: 1.07%
ダッシュ:0.94%
モネロ:1.04%
Other:21.23%

上図は2018年4月9日のドミナンスのグラフです。仮想通貨全体が下落し時価総額が減少。しかし下落幅はビットコインよりもアルトコインのほうが大きかったです。

この時の仮想通貨時価総額は「28兆円」。2018年1月時に記録した最高値「91兆円」から見ると、なんと1/3まで減少しています。

『時価総額が減少し、ビットコインドミナンスが増加する』
この要因には2つの事が考えられます。

①仮想通貨市場から撤退し、法定通貨に戻す動き
②アルトコインの下落に伴い、避難先としてビットコインに替えている

これが仮想通貨の下落相場に見られる現象です。

出典:coinmarket.cap ビットコインドミナンス

【4/23ドミナンスデータ】
ビットコイン:38.34%
イーサリアム:15.93%
リップル:8.79%
ビットコインキャッシュ:5.38%
ライトコイン:2.13%
NEO:1.24%
NEM: 0.89%
IOTA: 1.44%
ダッシュ:0.95%
モネロ:1.12%
Other:23.80%

これは、4/23現在のビットコインドミナンスのグラフです。ビットコインは減少し38.34%。他のアルトコインは上昇しています。

①アルトコインに新しい資金が流入
②ビットコインをアルトに替えている

このような現象が考えられます。


「Other」に属する、主要アルトコイン以外の時価総額の小さい銘柄群の動きです。いち早くドミナンスが上昇しています。上昇サインを示唆する動きとして「Other」の動き出しにも注目しましょう。

仮想通貨時価総額(marketcap)の推移

直近の時価総額データ
DATEPrice(円)
2017年11月20.3兆
2017年12月37兆
2018年1月91兆
2018年2月40兆
2018年3月40兆
2018年4月28兆
2018年4月23日42兆

月別の時価総額を見ると「価格の上昇と共に時価総額が増え、下落すると減少」します。現在の時価総額42兆円は2月の暴落前の状況に戻りつつあります。

ビットコイン価格の推移

出典:ビットトレード BTC/JPY 日足チャート

4/9はビットコインが下落し、1BTC=70万円台の底値を付けたところ。その後トレンド転換して上昇。4/23現在、95万円台で推移、価格は25万円も上昇しています。

まとめ

今後のビットコイン価格は上昇トレンドへ向かうとみています。その根拠は3つ
①時価総額:増加
②ビットコインドミナンス:減少
③チャート分析:反転サイン

以上を参考にしてみてください。

関連トピック
ボリ平

FX/BO/仮想通貨トレーダー

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP