認定自主規制団体への第一歩

金融庁に登録済みの仮想通貨交換事業者16社による新団体の設立発表会が行われました。

名称は「一般社団法人日本仮想通貨交換業協会」この協会は加盟団体として強制力を持つ「認定自主規制協会」の認定を目指します。

会見日時:2018年4月23日(月) 18:00~
会見場所:プレスセンターホール(千代田区内幸町2-2-1)

参加団体および代表者は以下の通り(敬称略)

株式会社マネーパートナーズ 代表取締役社長 奥山 泰全
QUOINE株式会社 代表取締役 栢森 加里矢
株式会社bitFlyer 代表取締役 加納 裕三
ビットバンク株式会社 代表取締役CEO 廣末 紀之
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 代表取締役副社長 齋藤 亮
GMOコイン株式会社 代表取締役社長 石村 富隆
ビットトレード株式会社 代表取締役社長 閏間 亮
BTCボックス株式会社 代表取締役 張 店
株式会社ビットポイントジャパン 代表取締役社長 小田 玄紀
株式会社DMM Bitcoin 代表取締役 田口 仁
株式会社ビットアルゴ取引所東京 代表取締役 尹 煕元
Bitgate株式会社 代表取締役 黒田 真人
株式会社BITOCEAN 統括執行役員 橋本 義和
株式会社フィスコ仮想通貨取引所 代表取締役 越智 直樹
株式会社Xtheta 代表取締役COO 山本 仁実
なおテックビューロ株式会社は欠席

日本仮想通貨交換業協会の体制を発表

記者会見に先駆けて行われた社員総会では今年度の理事および監事の選任、理事会決議では協会の会長および副会長の選任が行われました。

新団体の体制は以下の通り(敬称略)
理事(会長)   奥山 泰全  株式会社マネーパートナーズ 代表取締役社長
理事(副会長)  加納 裕三  株式会社bitFlyer 代表取締役
理事(副会長)  廣末 紀之  ビットバンク株式会社 代表取締役社長
理事       北尾 吉孝 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 代表取締役執行役員社長
理事       石村 富隆  GMOコイン株式会社 代表取締役社長

仮想通貨登録事業者の代表が勢ぞろい

中央、副会長の挨拶を行う広末氏、右:奥山会長

記者会見は40分間、その後フォトセッションが行われました。

日本仮想通貨交換業協会会長に選任された奥山泰全氏は、仮想通貨利用者の不安を払拭、信頼回復と業界の発展について言及。

副会長の加納裕三氏は仮想通貨全体の健全な発展にとって意義のある一歩、世界の規範になるよう取り組んでいくと就任のあいさつを述べました。

同じく副会長に就任の広末紀之氏はこれまでなかなか統一が難しかった業界が一致団結出来た事を評価、自主規制のルール作り、環境整備について述べました。

中央:当団体に加盟したビットトレード株式会社 閏間亮社長

同協会は3月29日に設立し会見は2度目となります。記者会見での質疑応答は主に奥山氏が応じ、IT/セキュリティ関連の質問には加納氏が回答するという形でした。

今後の活動と課題

・仮想通貨事業者に対しセキュリティ基準を設ける
・内部管理体制の強化
・ICO(新規仮想通貨公開)に対する基準・規制作り(禁止ではない)
・システム障害、トラブル等に対するルール作り

当団体は金融庁による「仮想通貨交換事業者」に登録済みの企業のみが加盟できる団体ですが、奥山氏曰くく、現在の16社では予算的にも厳しいため、今後ますますの登録事業者・団体への加盟企業が増えることを要望。

仮想通貨業界発展のために

フォトセッションの最後には、各メンバーがしっかりと手をつなぎ、「ブロックチェーンポーズ」を披露。事業者の境界を越え、仮想通貨業界の発展のために一致団結した形を表現しました。

ユーザーが国内で安心・安全に仮想通貨の取引できる環境の実現のためにも、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の今後の動向に期待しましょう。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP