今一人の人物がアメリカを驚かせています。その人物とは、アメリカのバーモント州に暮らしていたロナルド・リードさんです。

 彼は2014年6月に92歳で他界をしてしまいましたが、他界後に資産を調べたところ時価にして800万ドル(日本円で9.6億円 *120円/ドルで計算)もの株券が出てきたというのです。

 彼は、地元で生涯をデパートやガソリンスタンドの店員などをしていたということなのですが、その彼がどのようにこれまでの資産を築き上げたのかに注目が集まっています。

お金持ちとは誰も思わないぐらいの倹約家

 彼は、1921年にバーモント州の町で生まれ、高校を卒業するのは彼の家族の中でも初めてでした。彼はその後、第二次世界大戦で北アフリカ、イタリアなどで勤務し、その後、二人の子供を持つ女性と結婚し、生まれ故郷のバーモントに帰ってくると、地元のデパートやガソリンスタンドの店員として勤務していました。

 生前の彼はとても倹約家で質素な生活を送っていたと彼を知る人は口を揃えて言っています。コインがもったいないという理由で、クルマを駐車する際も、パーキングメーターがあるところを避けて遠くに駐車して歩いて目的の場所に行ったり、古いコートを安全ピンで留めて来ていたりと、お金持ちには全く見えなかったとのことです。
 

倹約家の彼がお金を支払ってまで続けた習慣

 彼がここまでの資産を築いていることは誰も知りませんでしたが、彼が生前行っていた習慣に関しては、多くの人が覚えていました。

 それは、毎日ウォール・ストリート・ジャーナルを読んでいたということです。彼は、ここから多くのことを学び、それを株式投資に活かしていたのだろうと周りの人は予想しています。

倹約家でWSJ好きな彼の投資スタイルは“超長期投資”

 亡くなった時、彼の部屋の金庫には95銘柄の株券が保管されていたそうです。それらは、ウェルズ・ファーゴ、P&G、アメリカン・エキスプレス、ジョンソン&ジョンソンなど彼の生活に馴染みの深く、配当を出している銘柄でした。(以下の図はウォール・ストリート・ジャーナルが調査した彼が保有するポートフォリオの中で、価値の大きいTOP10銘柄)

 彼は一度株を保有すると、二度と売らなかったため、保有していた企業は長い保有期間を経て株価を大幅に飛躍させ、大きな資産となったのです。

倹約家でWSJ好きな彼の投資スタイルは“超長期投資”|「ガソリンスタンド店員がコツコツと築き上げた9.6億円の資産」の2枚目の画像

遺産は、地元の病院・図書館へ

 彼が築いた9.6億円もの資産は、受け継いだ彼の義理の息子たちにより地元の図書館と病院に大半が寄付されたということです。

 今、このニュースは、アメリカの報道機関の多くが報じています。「倹約」「日々の学習」「超長期投資」によって大きな資産を築き上げた彼の行動は、結果を出すことに急ぐ今の世の中に多くのことを教えてくれているような気がします。

 既に株式投資をしている人もこれから株式投資などを検討されている方も、ロナルド・リードという素晴らしい人間の存在を頭のなかに入れておいて欲しいと思います。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP