現物とFXとの違い

■資金

仮想通貨の取引には現物取引とレバレッジをかけられるFX取引があります。
FX取引は「レバレッジ取引、先物取り引き、マージントレード」などとも言い、取引所によって若干ルールが違います。現物以外の取引の特徴は「レバレッジをかけられる」事です。

【現物取引の場合】

ビットコインの現物取引を例に挙げてみます。1BTC=100万円のとき、日本円で購入する場合は100万円が必要です。100万円分の価値のあるものの交換を行うという事になります。

このあと、ビットコインの価格が上昇し1BTC=101万円になったら、「101万円の価値のあるビットコインを1万円安く購入できた」という事になり、この価格でビットコインを売ると1万円の利益が得られます。

【FX取引の場合】

FX取引の場合は、最初からビットコインの価格=100万円を持っていなくても、1BTC分の取引が出来ます。これは、価格の将来における値上がり、値下がりを予測して先にポジション(建玉)を保有し、それを決済することで、その利ザヤを稼ぐ、という投資方法です。(差金決済)

FXで1BTCの取引をする場合、取引所の口座には4万円以上の資金を預け入れます。1BTC=100円の買いポジションを持ち、それが101円になって決済したら、1万円の利益です。取引終了後も証拠金は無くならないので、4万円で1万円の利益を得たことになります。

これは証拠金取引という仕組みで、取引所に預け入れた証拠金の数倍~数十倍の金額の取引が可能です。この倍率(レバレッジ)は取り扱う取引所によって設定が異なりますが、国内は最大25倍までです。

■トレード方法

出典:FXTF MT4 BTC/JPYチャート

FXの場合は、価格差を売買するため、新規ポジション建ての時には「売り」からでも「買い」からでも始められます。現物の場合は、まずは仮想通貨を購入しなければならないので「買い」のみになります。

現物取引の場合は「安く買って高く売る」という逆張り的な取引も多いですが、FX取引の場合は順張りでトレンドに沿った売買が望ましいです。なぜなら、FXの場合は必ずどこかで決済(反対売買)を行って利益または損失を確定する必要があるからです。

■FXは資金移動がない

現物取引の場合は仮想通貨が実際に売買されますので仮想通貨の受け渡しがあります。しかしFXの場合は、価格差の売買なので現物の資金移動はありません。日本円を証拠金として預け入れ、BTC/JPYの取引を行う場合はBTCの価格変動によって、資産(JPY)が増えたか減ったか?という考え方なので、ビットコインが増えるわけではありません。

■FXは大きな損失を被る場合も

大きくレバレッジをかけて取引する場合の利益と損失額はレバレッジをかけた状態での金額になるので、証拠金以上の損失を被る可能性もあります。そのためトレード方針を明確にし、あらかじめ出口戦略を決めてから取引を行う必要があります。

FXのコストとして、売りと買いの価格が違う(2WAY PRICE)が採用されていますので、その差額が投資家のコスト(手数料)になります。現状のFXはこのコストが割高になるので、価格差にも注意が必要です。

まとめ

仮想通貨の現物とFXは、チャート価格も違いますし、トレード方法も別々に捉えたほうがいいでしょう。仮想通貨はボラティリティが大きいので、FX取引で大きく利益を出すことは可能です。反対に損失も大きくなりやすいので、ある程度のトレード技術が必要です。

トレーディングの技術を磨くという観点なら、同じFXでも「外国為替証拠金取引のFX」を試してみるのも得策だと思います。為替市場の取引高は仮想通貨の数百倍ありますから。

関連トピック
ボリ平

FX/BO/仮想通貨トレーダー

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP