ETFとは

ETFとは、Exchange Traded Fundsの略称、日本語では上場投資信託と訳されます。日経平均株価やTOPIXのような株価指数、債券、通貨、商品、REITなど様々な指数に連動する形で設定された投資信託のうち、金融商品取引所に上場しているものをETFと呼びます。

そもそも投資信託とは

投資信託とは多数の投資家から資金を集め、株式や債券、商品、不動産などを利用して運用し、その資金を管理する金融商品をいいます。

契約型のものを投資信託、会社型のものを投資法人と区別します。また、投資信託には委託者指図型と委託者非指図型が存在し、投資信託委託会社の介入があるかどうか、投資信託委託会社と受託者の間に投資信託契約が存在するのか、投資家と受託者の間に直接の投資信託契約が存在するかといった違いが生じます。

一見すると仲介者の少ない委託者非指図型投資信託のほうにメリットがありそうですが、投資信託委託会社には金融庁長官からの投資運用業登録が義務付けられているため、信頼性が高く、またそのことが理由で有価証券を扱うことができるというメリットを有します。

アクティブファンドとインデックスファンド

上場することなく各種指数に連動する形での運用成果を目指すファンドをインデックスファンドと呼びます。

このインデックスファンドはアナリストやファンドマネージャーによる調査・裁量によって市場価格平均以上の利益を出すアクティブファンドと対置されます。

インデックスファンドとETFの違いとは

インデックスファンドとETFの違いとは、簡単に言ってしまうと取引所に上場しているか否かです。上場の有無により、1日の間にファンドの価額が変化するというのが大きな違いとなります。上場をしていないインデックスファンドの場合は投資信託委託会社が業務として1日1回の基準価額を計算するため、取引が1日1回に制限されます。株式のように相場の動きを見ながらトレードできることがETFの強みです。

投資信託>インデックスファンド>ETF の関係

ビットコインETFはなぜ注目されている?

 現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨インデックスファンドはすでにかなりの本数が設立されています。時価総額トップ20位の仮想通貨に分散投資をするものや、自身でポートフォリオを作成し共有できるプロジェクトなどが存在しますが、なんといっても仮想通貨インデックスファンドの強みは分散投資によってリスクを抑えながら仮想通貨投資ができるという点にあります。

なぜ現在、一般的でない?

 しかし、仮想通貨インデックスファンドがありながら、なぜ未だにそういった投資方法が広まっていないのでしょうか。それは、株式や債券のファンドと異なり、ファンドを組成する機関に信頼性がないためです。

 本記事内、「投資信託とは」の説明の中で、投資信託委託会社には金融庁長官による資産運用業登録が必要ということを確認しました。当然仮想通貨におけるファンド組成機関に対する業登録規制は存在しません。そのため本当に信頼できるファンドなのか、信頼性を考えれば仮想通貨交換業の登録がなされている仮想通貨取引所でのトレードのほうがよっぽどいいということになります。

一般に広まるには

  そこで登場するのが仮想通貨ETFになります。ETFというのはインデックスファンドを上場させたものでした。上場させる先は証券取引所、日本でいえば東証(東京証券取引所)になるわけです。上場が認められるということは、信頼性が取引所によって担保されたということ。インデックスファンドにてネックであった問題が解決されることになるのです。

ビットコインETFの効果

莫大な資金の流入

高い安全性下での分散投資が可能に

ビットコインETFが認可されれば、インデックスファンドには欠落していた信頼性の問題が解決されます。すると、個人投資家のみなさんにとっては、より信頼性の高い形で分散投資を行うことができ仮想通貨投資へのリスクを軽減することができます。また、同様に機関投資家にとってもリスクを抑えながら投資ができるため、市場にとっては莫大な資金が流入してくる可能性が一段と高くなります。

ETF組成チームが形成されたと噂される世界最大の資産運用会社ブラックロックの運用残高はおよそ600兆円、仮想通貨の市場規模は未だ30兆円ほどといわれています。ETFが承認されれば、格段に市場規模が拡大するでしょう。

資金流入による価格上昇

これまでの価格上昇は新規参入者の増加による影響が大きくありました。仮想通貨に対する需要が高まり、それを求める資金の流入が増えれば、上限発行枚数の決まっている仮想通貨は需要に応えるために値が上がっていきます。
個人投資家が数多く参入したことで10万円程度から200万円程度まで値を上げたビットコイン。機関投資家の参入となるとそれ以上の影響を与える可能性もかなり高いと言えるでしょう。

ETFの実現した場合のメリットについて述べてきましたが、現状最も安全なのは金融庁登録業者の運営する仮想通貨取引所です。ビットトレードでは堅牢なセキュリティの下、ビットコインをはじめとする仮想通貨を取引することができます。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP