お金に関して多くの人の関心事は、「かせぐ」「ふやす」「ためる」といったことに集中するのではないかと思います。でも、「なぜ、かせぐのか?」「なぜ、ふやすのか?」「なぜ、ためるのか?」ということがあまり考えられていないのではないかと思っています。

 お金は、使ってはじめて真価を発揮するものですが、今回は、頑張って「かせいだ」「ふやした」「ためた」お金をどのように使えば、有効活用でき、生活をより豊かに出来るかを考えてみました。

お金は、1日のうち長時間使うものに

 お金は、毎日を快適で幸せにしてくるものに、更なる「かせぐ」「ふやす」「ためる」の好循環を生むものに活用するべきだと思います。そう考えた時に何にお金を使うべきかというと、自分自身が1日の中で長時間使うものにお金を活用していくべきです。

 例えば、多くの人は 24時間のうち 6−8時間は睡眠を取っているのではないかと思います。体に合っていないマットレスや枕を使っていて、起きた時の疲労感や腰痛に悩まされている方もいるのではないでしょうか?そうすると仕事の生産性も落ちるといった形で悪循環を生んでしまうのではないかと思います。これを多少値が張ったとしても体に合っているマットレス、枕に変えるだけで翌朝の疲労感や腰痛は解消されます。この効果はこれだけではなく、一日の生活を快適により活発的なものにしてくれるはずです。

 このように一日に多くの時間を費やすものにこそお金をかけてストレスを解消していくことで快適な生活を手に入れることができます。しかも、値が張るものは通常よりも長持ちしますので、耐久年数で価格を割ってみると1年当たりの投資額は、通常よりも低い場合が多いです。

どのようにお金を使うものを考えていくか?

 どうやって好循環を生み出すお金の使い先を見つけるかですが、私自身を対象に考えてみました。

まずは、何に長時間使っているかをリストアップ

まずは、一日を振り返ってみて何に何時間程度使っているかをリストアップしてみましょう。そして、1時間以上時間を費やしているものをリストアップします。

1日のうちで長時間行っていること
長時間行っていること費やしている時間
睡眠8時間
仕事(ほぼ内勤)10時間
移動2時間
趣味(読書、ゲームなど)2時間

次に、その時間に使っているものをリストアップ

次に、それぞれの項目ごとに使用しているものをリストアップしていきます。

何を使っているか?
長時間行っていること使っているもの
睡眠ベッド本体、マットレス
枕、掛け布団
仕事オフィス、机、椅子
パソコン、ディスプレイ
移動電車
趣味(読書、ゲームなど)紙の書籍、電子書籍リーダー
ゲーム機器

何に投資をするかを決定する

 私自身は、「マットレス」「枕」「椅子」「パソコン」「住む場所」というのが投資対象として最適なのではないか?という結果となりました。


日々使うものにこそ投資をしましょう

 いかがでしたでしょうか?是非読者の皆さんもご自身の生活を振り返ってみて1日で何に多くの時間を費やしていて、そこで使用しているものはなにかというのを是非リストアップしてみてください。

 年に数回しか使わない旅行カバンやゴルフ道具などにお金を使いすぎていませんか?そういうものにお金を使うのもいいですが、まずはご自身の生活をより快適で幸せなものにすることにお金を使ってみてはいかがでしょうか?

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP