金融庁登録業者で安心の仮想通貨取引所「BitTrade」がスマホアプリをリリースしました。

仮想通貨取引において最も気をつけなければならないことの一つがセキュリティ対策です。

初期状態ではメールアドレスとパスワードのみでログインすることができ、もしもそれらが盗まれてしまったら資金流出に繋がってしまいます。
デジタル時代のリスクを回避するためにも、多少面倒でもしっかり対策をして安全に取引をしましょう。
今回は、アプリから二段階認証とSMS認証を設定する方法を紹介します。

二段階認証とは?

2段階認証の詳しい説明は下記のリンクにありますのでご確認下さい。

覚えておくべきは、

・二段階認証はスマホで一括管理
・紛失や破損時のためにバックアップが不可欠

ということです。

二段階認証の設定方法

アプリ画面下部の右端にある「メニュー」をタップすると右下の画面に移行します。

赤線で囲っている「セキュリティ」をタップすると、各種パスワードや認証設定画面に移行します。

右上の画面を下にスクロールすると、

「Google Authenticator」と「llJ SmartKey」という認証用アプリが2つ表示されています。どちらでも構いませんので、一方をインストールし、認証コードを設定しましょう。

認証用アプリでコードを設定する際の注意点

・スマホのみで設定を行う場合

QRコードによるスキャンができないため、シークレットキーをコピペして入力して設定しましょう。

※下の画像は、認証用アプリ「llJ Smart Key」です。

SMS認証とは?

SMS認証はショートメッセージサービスの略で、携帯電話番号を使用してワンタイムパスワードを確認します。
アプリをダウンロードする手間は省けます。

具体的な役割は二段階認証と同じです。

SMS認証の設定方法

セキュリティ画面からSMS認証をタップします。
電話番号を入力し、送信ボタンをタップします。
(アプリを起動しているスマートフォンの番号である必要はありません。)

少しすると電話番号宛にショートメールが届きますので、そちらに記載されているSMS確認コードを右下の画面に入力し、オレンジ色の「設定ボタン」を押せば設定完了です。

まとめ

これらの2段階認証はセキュリティ対策として誰もが簡単にできることです。
たしかに毎回パスワードを確認して入力するというのは面倒なことですが、個人情報が流出する可能性を念頭に置き、しっかりリスク管理をしていきましょう。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP