(翻訳:CCN)

Arrington XRP Capitalの創始者で、昨年11月にリップルと名付けられたヘッジファンドを開始し世間を驚かせたマイク・アリントン氏が、実際そのヘッジファンドがXRPよりもビットコインを多く保有していると、韓国ブロックチェーンウィーク中に行われたCNBCのクリプトトレーダーのインタビューで語りました。

また彼はビットコインが今年中に$25,000(250万円)に届くと予想しています。アリントン氏は昨年11月に彼の$100millionのヘッジファンドを発表し、メインで仮想通貨やICOsに、またブロックチェーンのスタートアップにも投資を行う可能性があると示しました。

XRPのユニークな性能

アメリカのブログサイトTechCrunchの創始者でもあるアリントン氏は、国境を越えて瞬時に送金できるXRPのユニークな性能を指摘しました。

「リップルは送金において実に便利な手段である」と彼はクリプトトレーダーの主催者であるRan NeurNer氏に話しています。「私たちはファンドにリップルの名を付けた。これはリップルがほぼ0円で素早く国境を越えた送金ができる素晴らしいものだからだ。」アリントン氏は仮想通貨には多くの同族意識が存在するといいます。

“Ripple is a really, really good way to move money. We’ve denominated our fund in XRP because it’s a fantastic way to move money across the border quickly at almost zero cost.”

「すべての仮想通貨が賛成する唯一のことは、それらがみなリップルを嫌っていることである」彼は、批評家たちが仮想通貨は中央集権的であり、共同に管理されたものであると考えていると指摘しました。

しかし「何一つ真実ではない」と話し、非中央集権的な仮想通貨たちはより効果的な彼らの道を見つけており、XRPは既に素晴らしい段階にあると語っています。

「ヘッジという点から見れば、自分たちをリップルと名付けたことは素晴らしい」

アリントン氏は、XRPが価格変動に対してファンドが無防備である状態にしているのではないかと問われると、ファンドの鍵となるものは基礎となる資産であり、それは多様であると答えました。$2-3millonに値する、ファンドのわずか3-4%がリップルであるそうです。

ビットコインがファンドの最大のシェアを誇る

「私たちは非常に多様性にあふれている」とアリントン氏は話しましたが、ファンドはイーサリアムや他のどの仮想通貨よりもビットコインを保有していると加えました。

彼は、今年ビットコインが$25,000に達するという予測を話すことに対して、常に楽観的であると特筆しています。

NeurNer氏も、ビットコインのETFが今年8月から10月の間には認められるという推測を理由に、アリントン氏の$25,000予想に賛成しています。

(翻訳:CCN)

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP