決済手段としてのビットコイン

ビットコインの実用化について様々な議論がなされています。
ビットコインの実用化として真っ先に考えられるのは決済です。
では日本ではどれくらい決済手段としてのビットコイン実用化が進んでいるのでしょうか。

上の画像は日本でビットコン決済が使える場所のヒートマップです。
関東を中心としてビットコインで決済をすることができるお店は日本中に存在しています。

世界的に見ると先進国を中心にビットコイン決済ができる店舗が数多く存在していることがわかります。
2018年8月21日時点では全世界に少なくとも13119店ものお店でビットコイン決済を利用できます。
ここで見ることができる実店舗以外にもオンラインショップでのビットコイン決済の流れも進んでいます。
このヒートマップはcoinmapというサイトでいつでも見ることができ、ビットコイン決済可能な店を探すことができるので興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

電子マネーと何が違うのか

ビットコイン決済と似た存在として電子マネー決済があります。
SuicaやEdy,WAON,iDなど様々な電子マネーが日本では人気の電子決済手段として存在しています。
これらの電子決済手段とビットコイン決済はどのような違いがあるのでしょうか。


法定通貨を使うか使わないか

電子マネーとビットコインの一番の違いは法定通貨を使うか使わないかというところに尽きると思います。
海外では使えない、プリペイド式など様々な違いが一般的には言われています。
しかし、電子マネーの種類によってはクレジットカードのように後払いが可能であったり、海外で使用することが可能なものもあります。

決済方法に多少の違いはあれど、電子マネーは必ず法定通貨で決済されます。日本円なら日本円、アメリカドルならアメリカドルで決済されます。
しかし、ビットコインは法定通貨ではありません。決済はビットコインで行われます。
ここが電子マネーとビットコインの大きな違いです。

まとめ

電子マネーもビットコインも電子決済という点では違いがないと考えられます。
ただし、ビットコインはビットコインで決済されます。

既存の電子決済には手数料や電子決済のための機械設置などさまざまなコストが掛かります。
しかし、ビットコインならば遥かに安い手数料でそれを実現することが可能なわけです。
電子マネーが使えないお店が未だに多いのは手数料が高く、お店に設置するデメリットが大きいからです。

ビットコイン決済が主流になれば今より多くのお店で便利な電子決済を利用することができるようになるのではないでしょうか。
多くの人がビットコインを使うようになればビットコインの価格も上がるでしょう。
未来への投資という意味でもビットコインを買って、決済をおこなってみてはいかがでしょうか。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP