ビットコインはお金として機能するのか

ビットコインの議論になると必ずでてくるのが「ビットコインは本当に使われるのか?」という点です。

ビットコインが通貨として機能するかどうかという点についてお金の役割を通して考察していきたいと思います。

お金の3つの役割

ビットコインは仮想通貨なのでお金としての機能を持っていなければお金として使われることはありません。

お金には大きく3つの機能があると言われています。

1.価値の保存
2.価値の交換
3.価値の尺度

ではビットコインはそれぞれの役割をどれほど満たしているのでしょうか。

1.価値の保存

まずは価値の保存という機能に関して考えていきたいと思います。

私達がお金を得る方法としては労働が挙げられます。給料を得るとは、その労働の価値をお金という形に変換して保存しているのです。つまり価値をお金という形に変えて保存しています。

さらにお金というものは腐ったりしません。例えば食べ物などは腐ったりするのでどんなに高価な食べ物でもその価値を保存することはできません。その点貨幣は腐ったりしないので保存することができます。

ではビットコインはどうなのでしょうか。
価値の保存という点については非常に相性が良いものだと考えています。

仮想通貨はブロックチェーンによって大勢の参加者によってその保有が担保されます。
そして参加者が多ければ多いほど改ざんは難しくなります。
また、ビットコインはネットワーク上に存在しているため腐ったりすることはありません。

また非中央集権的ということもひとつ大きなメリットかと考えられます。
法定通貨はその発行元の信頼によって実質的な価値が決まります。
通貨危機を考えてみてください。通貨危機が起こるとその国の通貨の実質的な価値が下がります。
しかしビットコインは非中央集権的ですので参加者によってその価値が決められます。

そのため通貨危機が起きたときに自国の通貨をビットコインに変換することで自国通貨にふりかかるリスクをヘッジすることができる可能性があります。

実際にこのような流れは既に置きています。キプロスショックやトルコリラショックの際に自国通貨をビットコインに変えるという動きが見られたのです。

2.価値の交換

価値の交換とはお金を払うことでモノを買ったり、サービスを受けたりする仕組みのことです。
簡単に言ってしまえば決済機能といえます。

現状ビットコイン決済というのは主流ではありませんがビットコインで支払いをすることは可能です。

しかしそれを満たす技術的要因というものはクリアされています。
例えばビックカメラなどではビットコイン決済が利用できます。
そのためビットコインは価値の交換機能はあると言えます。

3.価値の尺度

価値の尺度とはお金を通して価値を決める仕組みのことです。
たとえば1キロ=千円のお米と、一万円のお米では後者のほうが価値が高いと設定されることです。
値段が高いものを高価といいますが、それはお金を通して価値を測った結果高い値段がついているため高価というわけです。

ビットコインにはこの機能があると考えています。
ビットコイン決済ができる時点でモノの価値をビットコイン建てで表しているわけですから価値の尺度として機能はしていると思います。

ただし価値の尺度としての機能は弱いと考えています。
その理由はビットコインで価値を測るレベルまでビットコインが浸透していない点が挙げられます。

ビットコインで価値を測れるのは間違いないのですが、ビットコインの浸透率が低いためビットコイン自体の価値がまだ不安定です。ビットコイン自体の価値が安定し始めるとビットコインで価値を測りやすくなるのですがそれが難しいのが現状です。

ビットコイン ≒ 金

ここまでお金の役割とビットコンについて考察してきましたが、ビットコインは金に似ているように感じられます。

その理由は
1.資産保存要素
2.世界で価値が共通
3.金はその昔通貨としての機能もあった。

以上3点が挙げられます。

まず1に関してですが、ビットコインは通貨危機の際に有用だという話があります。金も同じで金融市場が不安定なときに安全資産として金を買うという流れがあります。

2つ目、世界で価値が共通という点について。例えばアメリカでも日本でも1BTCは1BTCとしての価値を持ちます。金もそれと同じで金100gの価値は世界で共通です。

最後に3つ目、金はその昔通貨として使われた歴史を持ちます。金そのものは腐敗しませんし、通貨として使われる要件を満たしています。

ビットコインは通貨として機能する

ビットコインとお金の3機能や金との類似性を考えた上でビットコインが通貨としての機能を持つことは間違いないと言えます。

しかしビットコインが通貨として今後使われていくかはまだ不透明です。
ビットコインは確かに通貨としての機能を持っていますが、法定通貨を代替するほどのものになるかは疑問符が残ります。

ただし通貨として使えることは技術的にも、仮想通貨の特性的にも間違いないでしょう。
法定通貨を代替するレベルになるにはまずは参加者が増えないといけません。
ETFなどで機関投資家のマネーが入ってくるなど、市場規模の拡大が1つ鍵になります。

現在、仮想通貨業界はETF承認の可否やブロックチェーンの商用化など話題が豊富です。今後の動向に注目していきましょう。


関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP