マイクロペイメントとは

マイクロペイメント(Micropayment)は日本語では少額決済と呼ばれます。

具体的には1円や10円あるいは100円といった小額の決済を電子的に扱うことを言います。

今現在主流の決済方法の1つとしてクレジットカードがありますが、クレジットカードは小額決済に向いていません。

なぜなら決済手数料として数百円ほどの手数料を取られてしまうため、決済手数料が商品の値段を超えてしまう事態が発生してしまうことがあるからです。

そこでスポットライトがあたっているのが”仮想通貨”というわけです。

仮想通貨がマイクロペイメントに適している理由

仮想通貨がマイクロペイメントに適しているとされている理由は仮想通貨のシステムにあります。

仮想通貨はブロックチェーンを用いたPeer to Peer取引がそのベースにあります。
Peer to Peer取引とは中央管理者を通さずにやり取りをする主体同士でその取引を実行することです。

クレジットカードの場合クレジットカード会社や銀行を介して取引が行われるため、取引主体同士の取引ではなく、手数料が発生してしまいます。

その問題を仮想通貨ならば克服できるのでマイクロペイメントに向いていると言われています。

マイクロペイメントが描く未来

マイクロペイメントが仮想通貨によってより使いやすくなった未来ではどのようなことがおこるのでしょうか。

まずは小額サービスの増加という点があげられます。

例えばNetflixやHuluなどの動画サイトでは、あなたが1つのコンテンツだけを視聴したいと思っていても、すべての動画を見れるようなプランに加入しなければなりません。

マイクロペイメントが発達すれば1コンテンツだけにお金を払って視聴するということが可能になるわけです。

さらには個人や小規模のビジネスも増えると予想されます。

個人がインターネット上で新たにお店を開こうとしても、今のシステムではお金のやり取りがスムーズに行えないのでそれが難しい状況です。

マイクロペイメントで小額の決済でも簡単にお金のやり取りを行うことができれば、ネット通販サイトに登録してマージンを取られることなく自分で簡単に商売をすることができます。


まとめ

・マイクロペイメントとは電子的な少額決済のこと。

・マイクロペイメントは仮想通貨と相性が良い。

・マイクロペイメントが実現すると、今まで無駄に多く払っていたお金を削減することができる。

・より直接的な価値のやり取りが可能になる。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP