利回りとは?

 債券や株式といった有価証券における金利のこと。利回り1%というと、100円がある期間の間(主に年毎)に101円になることをいいます。そのため、「利回りが高い」ことは投資判断をする上で重要な要因になります。

年利回り= 利益 ÷投資資金 ÷運用年数 ×100

仮想通貨の利回りは?

仮想通貨というとハイリスクハイリターンの投資商品であるという認識をみなさんお持ちかもしれません。仮想通貨は主として中央管理機関がないため、一日の値幅制限がなく要因次第では急上昇急下落を繰り返すことからこのように言われています。
 また、利率や配当率が明らかな債権や株式とは異なり価格の上下は購入時期と要因によるため、正確には利回りを求めることは難しい商品であることも事実です。

本記事では過去のデータから仮想通貨の利回りをピックアップし、現状の相場状況や今後の見通しなどを加味しながら年末、来年以降の利回りがどの程度になっていくのかを検討していきたいと思います。

※投資判断は自己の責任で行ってください。当サイトの情報はあくまで参考情報のため、生じた損失についての責任は一切負いません。

これまでの3年分の利回りはどれくらい?

ビットコインについて2018年12月17日のドル円レートで計算しています。利回りは年利回りを適用し、利益÷投資資金÷運用年数×100で計算しています。

2015
1月始値12月終値利回り
2万8575円4万8170円40.68%
2016
1月始値12月終値利回り
4万6844円9万3967円50.15%
2017
1月始値12月終値利回り
10万3829円173万5670円94.02%

2018年の利回りは?

1月始値12月終値利回り
149万9378円36万4420円(※12月17日時点)-308.7%

最安値から最高値の利回りは?

2013年4月以降の終値のデータに基づき、最安値で買い最高値で売った場合の利回りを計算してみたいと思います。

最安値(2013/7)最高値(2017/12)利回り
1万271円173万5586円22.1%

運用年数が長いため、2017年ほどの利回りとはなっていませんが、仮に2013年7月からビットコインを保有していた場合は4年半の間、年利回り22.1%の利益を得ることができた計算となりました。

他の投資商品の利回りは?

商品利回り(目安)
債券2~3%程
株式5%程度
不動産7%程度
投資信託8%程度

当然、急激な価格の上下を見せる商品もあるため一概にこの利回りというようには言えませんが、おおよその平均値は上記の通り。仮想通貨の22%という数値がかなり高いことがわかります。

2018年ももう少し…。今から投資をした場合の利回りは?

2018年12月17日現在、ビットコインの価格は36万4420円となっています。本日ビットコインを購入し、1年後である2019年12月中旬まで保有し売却した場合の利回りを計算してみましょう。

BTC価格利回り
500万92.71%
250万85.42%
100万63.56%
80万54.45%
50万27.12%
40万8.90%
30万-21.47%
20万-82.21%
10万-264.42%

500万円以上になる可能性は望み薄か

最も価格が上昇した2017年の利回りは94%でした。バブル崩壊と言われている現状や時価総額の減少、当時10万円程度と価格帯が低かったことなどを考えると、再度このような急激な上昇を見せる可能性は少ないとみられます。そのため、来年末までに500万円以上に上昇するというのはかなり考えにくい予想であることがわかります。

100万円なら可能性がある?

現状を見る限り、過去最高価格の更新も難しいとみられ、250万円という価格も現実的ではありません。せいぜい100万円がギリギリ可能性のある価格というべきではないでしょうか。その場合は54.45%の利回りとなり、2016年の値に近づくことになります。

40万円になるだけでも利回りは高水準

しかし、現在およそ36万円が40万円になった場合でも利回りは8.9%であることは注目すべきデータです。株式や債券の購入コストや委託手数料などを考慮すれば、利回りの面では優位にあるといえるでしょう。今回は税金の問題を考慮していませんが、仮に最大税率55%が適用されても利回りはかなりいい商品であることには変わりありません。

元本割れのリスクはその分高い

一方で、元本割れのリスクは他の商品に比べかなり高いといえるでしょう。これから10万円台にまで下落する可能性も考えられます。その場合は2018年度並みの元本割れとなります。あくまでハイリスクハイリターンの商品であることも忘れずに投資を行っていく必要があることに注意が必要です。

まとめ

ビットコインは90%もの利回りとなる可能性もある商品である

一方で-300%と元本割れのリスクも大きい

2019年、再度50%以上の利回りというのは非現実的か

しかし、リスク大・価格変動大のため他の商品と比べた利回りの優位性は19年も継続か

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP