アメリカの調査会社 ISS コーポレート・ソリューションズが15日(米国時間)に公表したデータによると、米国の最大手企業3000社のCEO(最高経営責任者)の平均報酬が2014年に640万ドル(約7億8,000万円)と、13年の550万ドルから16.3%増加したとのことです。

(写真)アップルのティム・クックCEOの2014年の報酬を920万ドルと増加している。



平均的な労働者が米CEOの報酬を手に入れるには、127.7年が必要

 アメリカ全体の平均年収は、米社会保障局が公表している2013年のデータによると4万3,041ドル(約516万円)となっており、前年からの上昇率は1.3%にとどまっています。。

 つまり、平均的な労働者がCEOと同様の報酬を得るには約127.7年かかる計算となり、アメリカにおける所得格差拡大は、深刻な問題となりつつあります。


参考リンク

MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP