一円玉を作るのには、約3円の費用がかかっている

ちなみに紙幣は千円札が14円20銭、五千円札は20円20銭、1万円札は21円70銭かかっているそうです。

一円玉に描かれている植物は、架空のもの。

1954年に一円玉の表、裏のデザインを一般公募され、若木のデザインは、当時京都府在住の中村雅美さんのデザインが採用された。ちなみに、「1」というデザインは、大阪在住の高島登二雄さんのものだそうです。

硬貨で水に浮くのは、日本の一円玉だけ

アルミニウムの比重は水より重い「2.6」であるが、水の表面張力の関係で水に浮かぶそうです。ちなみに、意図的に水に浮かぶように作られたものではなく、偶然によるものだとのことです。

昭和43年製の一円玉は存在しない。

昭和30年代後半に一円玉不足が続き、政府は大量に1円玉を製造したそうです。そうすると、今度は過剰生産になってしまい、昭和43年は1年間製造を中止することとなったそうです。そのため、昭和43年製の1円玉は存在していません。

MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP