世界では様々な種類の紙幣が流通していますが、その中でも世界最小の紙幣をご存じですか?


それは、20世紀の初頭にドイツで発行されていた「ノートゲルト」という紙幣で、縦12mm×横18mmしかなく、縦76mm×横160mmある日本の1万円札の約1/9しかありませんでした。


ノートゲルトはどのような用途のものだったのか?

ノートゲルト (Notgeld) は、ドイツの緊急通貨。 20世紀の初頭、ノートゲルトはインフレーションに対応するためドイツ国内で発行された。この通貨は通常のものでなく、ドイツ中央銀行(ライヒスバンク)ではなく様々な機関(銀行、地方自治体、民間会社、国有会社)によって発行された。従ってそれは法定貨幣ではなく、支払いのために便宜的に使用されたものであった。

引用: ja.wikipedia.org

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP