世界の紙幣の多くには「肖像画」が使われています。

人間は元来「顔」を認識する能力に優れており、顔つきのわずかな違いや、少しの表情の変化も認識する事が出来るので、偽札を手にした場合、すぐに気づくことができるそうです。

つまり、世界の紙幣に肖像画が使われているのは、このような人間の能力を利用して、「偽造を防ぐ」のを目的としているのです。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP