日本の通貨単位が「円」の理由には、諸説あるそうですが、有力なのは以下の3つだと言われています。

(1)江戸時代まで様々な形があった貨幣を明治時代に全て「円形」に統一したので、単位も「円」になった。
(2)その昔、銀貨の製造を香港の造幣局から機械を譲り受けて行っており、香港銀貨に「圓(=円)」と書かれていたため、それを真似して「円」になった。
(3)その昔、国際的に流通していた「メキシコ・ドル」が円形で、中国ではこれを「洋円(または、円銀)」と呼んでおり、それを真似して「円」になった。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP