子供の教育資金について悩んでいる方も多いのではないかと思います。

教育費は、入学金や授業料などの「学校教育費」と塾や習い事などの「学校外教育費」があり、この両方を考えて準備をする必要があります。家庭ごとに教育方針はあると思いますが、子供の進学予定に合わせて子供が生まれた時から、計画的に準備をしておく必要があります。

教育資金を計画的に準備する方法

計画的に貯金を行えれば良いのですが、なかなか上手くいかないことも多いと思います。ここでは教育資金を少しずつ積み立てていくのに適した金融商品をご紹介したいと思います。

教育資金の積立に適した金融商品
金融商品特長
一般財形貯蓄・給与天引きで積立ができます
こども保険・
学資保険
・生命保険会社やJAなどの積立型の保険商品
・満期時に満期保険金を受け取れる
・契約者である親が死亡した場合、保険料の支払いが免除される
・進学する度に祝い金や育英年金が受け取れるものもある


十分に資金が準備できなかった場合は、教育ローンや奨学金を検討

計画的に積み立てていたとしても、十分な教育資金が準備できないこともあるかと思います。そのような時には、教育ローンや奨学金の利用を検討することをおすすめします。

公的なものには、日本政策金融公庫の国の教育ローンや日本学生支援機構が提供する奨学金制度などがあります。


関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
子供 教育資金 トップへ