住宅購入は、多くの方にとって人生最大の買い物となり、多額の住宅ローンを長期間で組むことになります。住宅ローンは多額となるため、契約時にしっかりとした計画を持っておかないとその後の人生に大きな影響を及ぼす可能性もあります。

住宅購入をする前に、しっかりと安心して返済していける資金計画を立てるようにしましょう。

購入価格の20-30%を自己資金として準備しましょう

住宅ローンを契約する際には、頭金と諸費用が必要になります。一般的に、物件の購入価格の20−30%程度の自己資金を準備しておくべきだと言われています。

この自己資金を準備するのに適した金融商品として「財形住宅貯蓄」があります。財形住宅貯蓄は、申込時の年齢が55歳未満の勤労者で積立期間を5年以上とすることで給与天引きで積立をすることができ、元利合計550万円まで非課税で貯蓄をすることができます。

購入を検討する住宅の方向性を予め決めておいて、事前の自己資金準備をしっかりと行うようにしてください。


住宅ローンは事前に仕組みを理解しておかないと総返済額に差が出る

自己資金の準備ができたらいよいよ購入したい物件を決め、住宅ローンの契約となりますが、住宅ローンは契約の仕方によって総返済額に差がでます。

しっかりと住宅ローンの仕組みを理解して、住宅ローンの契約に望んで下さい。

金利の種類

まずは、金利の種類を把握しておきましょう。金利の種類には、「固定金利型」「変動金利型」「固定金利選択型」の3種類があります。

金利種類特長
固定金利型契約から返済終了まで金利が変わらない住宅ローン
変動金利型市場金利の変動により、一定期間ごとに金利を見直す住宅ローン
固定金利選択型契約後一定期間は固定金利で、固定期間終了後はその時点の金利水準で固定金利か変動金利かを選択していく住宅ローン

返済方法

次は、返済方法です。返済方法には、「元"利"均等返済」と「元"金"均等返済」の2種類があります。

出典: www.flat35.com

返済額が一定で、返済開始時は、利息部分の割合が大きい返済方法です。

【メリット】
・返済額(元金+利息)が一定のため、返済計画が立てやすい。
【デメリット】
・同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなる

出典: www.flat35.com

返済額のうち元金部分が一定で、返済開始時の返済額が大きい返済方法です。

【メリット】
・元利均等返済に比べて、元金の減少が早いため、同じ返済期間の場合、元利均等返済よりも総返済額は少なくなる
【デメリット】
・返済開始当初の返済額が最も高いため、返済負担が重くなる

住宅ローンの種類

ここまで見てきた金利の種類、返済方法を頭に入れていよいよ住宅ローンの選択です。住宅ローンには、公的融資と民間融資があり、とても多くの種類の住宅ローンがあります。

代表的なもので「フラット35」がありますが、これは住宅金融支援機構が民間の金融機関から住宅ローン債権を買取り、証券化して投資家に売却する仕組みで融資を行っています。

民間融資は、金融機関により様々ですが、公的融資に比べると、物件に対する規制や収入基準が緩やかです。


関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
住宅ローン 選び方 トップへ