現在の生活に欠かせない決済ツール「カード」は、近年様々な種類のものが発行されています。今回は、代表的なカードである「クレジットカード」「デビットカード」「電子マネー」について詳しくその特徴を説明していきます。

信用に基づいて発行される「クレジットカード」

クレジットカードは、利用者の「信用」に基づいて発行されるカードで、商品の購入やサービス提供の支払い使用することが出来ます。一般的に利用者の返済能力について審査があります。

決済時期は、「後払い」となっており、本人確認は「サイン・暗証番号」で行われます。

現金代わりに代金の決済ができる「デビットカード」

デビットカードは、金融機関のキャッシュカードに支払い機能を持たせたカードで、手数料無料で現金の代わりに代金の決済が出来ます。

決済時期は、「即時」で決済と同時に口座から該当の金額が引き落とされます。本人確認は、キャッシュカードと同様の「暗証番号」で行なわれます。

前払いし、その範囲内で決済できる「電子マネー」

電子マネーは、現金情報をICカードに記録したもので、事前に一定の金額を入金しておくことでその範囲内の決済に使用することが出来ます。

決済時期は、前述のとおり「前払い」で、本人確認などは不要です。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP