介護保険は、40歳以上の人が加入する社会保険で、老化などにより介護が必要になった人とその家族の負担を軽減することを目的とした制度です。

介護保険の仕組み

介護保険は、40歳以上の人が加入するもので、年齢によって第1号被保険者と第2号被保険の2種類に対象が区分されます。

介護保険の特徴
第1号被保険者第2号被保険者
対象65歳以上40歳以上65歳未満の医療保険加入者
保険者(運営主体)市区町村市区町村
保険料の算定、支払い方法市区町村ごとに保険料を決定し、原則として年金から天引きで徴収される加入する医療保険によって決められ、医療保険の保険料と合わせて徴収される
介護サービスを受ける条件原因を問わず、要介護状態または要支援状態と認定された時老化にともなって生じた一定の病気によって、要介護状態または要支援状態と認定された時
利用者の負担利用限度額内の自己負担は1割利用限度額内の自己負担は1割


介護サービスを受けるための条件

介護保険による介護サービスを受けるためには、第1号被保険者、第2号被保険者ともに市区町村に申請を行って「要介護状態または要支援状態」と認定される必要があります。

利用できるサービスとしては、要支援1、2の場合「介護予防サービス」が、要介護1〜5の場合、「介護サービス」が利用することができます。

要支援・要介護のめやす
区分心身状態の例
要支援1排泄や食事はほとんど自分ひとりでできるが、要介護状態とならないように身の回りの世話の一部に何らかの介助が必要
要支援2要支援1の状態から日常生活動作の能力が低下し、何らかの支援又は部分的な介護が必要
要介護1排泄や食事はほとんど自分ひとりでできるが、身の回りの世話に何らかの介助が必要
要介護2排泄や食事に何らかの介助を必要とすることがあり、身の回りの世話の全般に何らかの介助が必要。歩行や移動の動作に何らかの支えが必要。
要介護3排泄や身の回りの世話、立ち上がり等が自分でできない。歩行が自分でできないことがある。
要介護4排泄や身の回りの世話、立ち上がり等がほとんどできない。歩行が自分でできない。問題行動や全般的な理解の低下がみられる。
要介護5排泄や食事がほとんどできない。身の回りの世話や移動等の動作や立位保持がほとんどできない。多くの問題行動や全般的な理解の低下が見られる。


関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP