カードローンに申し込んだ際には、必ず「審査」が行なわれます。カードローンは、基本的に担保・保証人不要でお金を貸してくれるため、申込をした人が虚偽なく申込をしているか、返済能力はしっかりとあるかをカードローン発行会社各社は、事前に把握する必要があります。

このように、事前に把握することでカード発行後のトラブルを事前に防ぐことを目的に「審査」は行なわれています。審査基準にはどのようなものがあるか次に見ていきましょう。

審査で最も確認したいのは、「返済能力」

カードローンの審査で発行会社が最も確認したいのは、何と言っても借りたお金を「返済する能力」があるかどうかです。これを把握するために、チェックされる項目が以下のような項目となります。

・ 仕事をしていて、安定した収入があるか?
・ 他社からの借入状況はどうか?
・ 他社に同時に申し込んでいないか?
・ 過去に金融事故(支払いの遅延など)を起こしていないか?
・ 自宅が賃貸か、持ち家か?

これらの項目を確認することで、発行会社は返済能力を審査します。

申し込む際に注意したいこと

申し込む際に注意したいのが「勤務先」「年収」「他社からの借入状況」のウソの記入です。どれもウソを付きたくなりがちですが、ウソを付くことで信用を失い、審査に通らないということも起こります。

ウソの「勤務先」で申し込むと・・・

カードローンを借りたことを勤務先には知られたくないため、会社名や会社の連絡先を曖昧に記入してしまう方もいるようですが、発行会社が在籍確認をして記入した会社に「いない」となると信用を失うことになります。

ウソの「年収」で申し込むと・・・

カードローンを申し込む際に、多く借りたいために実際の年収を記入してしまう方も時折いるようですが、こちらもその後「収入証明書」を求められて提出をすればすぐにウソであることが分かってしまい、信用を失うことになります。

ウソの「他社の借入状況」で申し込むと・・・

カードローンを申し込む際には、原則的に個人情報を調べることに対する承諾書にサインを求められます。これにサインをすれば、発行会社は、実際に他社の借入状況がどのようになっているかを確認することが出来ます。記入内容と実際の情報があまりにも差があると信用を失うことになります。

申し込む際には、必ず正確な情報で申し込みましょう

銀行カードローンは審査が厳しいやA社のカードローンは審査が甘いなど色々とネット上で書かれていたりしますが、どこに申し込みをするにしても、カードローンに申し込む際には「審査が必ずある」ということと「申請内容にウソがあると信用を失う」ということをしっかりと念頭に置き、必ず正確な情報を記入し、申し込むようにしましょう。

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
カードローン 審査 トップへ