利食いは、チャートポイント(相場の転換点)で

さて、利食いはどこで行えばいいのでしょうか?それは、チャートポイント、つまり相場の転換点で行います。取引する前に利益目標を想定して、利食いをするものではありません。

買いから入った場合は、上昇トレンドをつくった相場が終えんを迎え、下げ相場に転じる転換ポイントを指します。売りから入った場合は、その逆です。

利食いは、この転換点を判断すること、およびそのときの利食いのタイミング、量(全部のポジションを決済するか、一部だけ決済するか)の判断が難しいのです。

ピラミッディングは、最初の金額よりも上回る金額でしない

ビラミッディングするうえで大事なことは、上乗せするときの金額は、最初の金額よりも上回る金額でしないことです。また、通常の相場展開で何度も取引量の上乗せができると想定しないほうがいいでしょう。通常の相場展開で過去の値動きを経験則で判断すると、多くて2回までと思ってください。

もし、最初の金額よりも大きな金額で上乗せすることになったり、何度もポジションの上乗せをするようであれば、当初のポジション量が小さすぎることを意味するか、チャートポイントなど関係なく、いたずらにポジション量を増やして単にリスクを大きくしているかのどちらかです。

当初のポジション量が小さすぎると、せっかくトレンドに乗っても評価益が小さいため、むやみに買い乗せを繰り返し、平均コストを上げてしまいます。平均コストとは、保有するポジションの取引参入レートの平均値で、上乗せ後の損切りレートのひとつの目安にもなります。

この場合、もし途中で相場が逆方向にいくと、平均コストを意識した損切りまでの幅が小さくなり、せっかくの上昇トレンドでもすぐに損切りとなり、結局儲け損ねてしまいます。

また、持っているポジションが小さいと判断が甘くなり、そのまま放っておくと最悪です。予測と逆方向にいっても損切りを機械的にせず、結局FX会社の強制決済となってしまうことがあるからです。

もし、うまくトレンドに乗ったとしても、気付いたときにはすでに買い乗せポイントは過ぎ去っており、当初の小額ポジションだけで大きな収益を求めるため、利食いをいたずらに引き延ばす傾向となります。結局、相場が戻ってきて、いいところで利食い損ねてしまう結果となりがちです。

その他の行動原則

その他のプロがポジション保有後に大切にしている行動原則は以下の記事でご紹介しています。

是非、合わせてご確認ください。

関連トピック
鶴 泰治

株式会社FXトレード・フィナンシャル代表取締役社長

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
ピラミッディング トップへ